淀君集(よどぎみしゅう)は、五代目中村歌右衛門が撰じた成駒屋中村歌右衛門家お家芸

いずれも淀君が主要な役どころとして登場する演目で、五代目が得意としたものばかりである。ひとつのお家芸を構成する役柄がすべて同一人物というのは、この「淀君集」をおいて他に例を見ない。当初は10種の予定だったが6種にとどまった。

演目 役名 作者 初演年月 初演劇場
 きり ひとは
桐一葉
淀君 坪内逍遥 明治37年 (1904) 3月 東京 東京座
 ほととぎす こじょうの らくげつ
沓手鳥弧城落月
淀君 坪内逍遥 明治38年 (1905) 5月 大阪 角座
 よどぎみ
淀君
淀君 松居松翁 大正7年 (1918) 11月 東京 歌舞伎座
 おおさかじょう
大坂城
淀君 岡本綺堂 大正10年 (1921) 10月 東京 歌舞伎座
 よどぎみ おだわらの じん
淀君小田原陣
淀君 松井松翁 大正15年 (1926) 4月 東京 歌舞伎座
 だいごの はる
醍醐の春
淀君 高安月郊 (調査中) (調査中)

関連項目編集