深尾 重忠(ふかお しげただ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将山内家の家臣。土佐藩筆頭家老。南宗深尾家初代。

 
深尾重忠
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄12年(1569年
死没 明暦4年3月11日1658年4月13日
改名 六蔵/主水(幼名)→重忠
主君 山内一豊忠義忠豊
土佐藩
氏族 深尾家(南宗深尾家)
父母 父:深尾重三、養父:深尾重良
兄弟 養兄弟:重昌山内康豊三男)
深尾重良娘
重行、深尾重昌正室、乾和成室(三女)
テンプレートを表示

生涯編集

永禄12年(1569年)、深尾重三の子として誕生した。その後、深尾重良の養子になる。

山内一豊近江国長浜へ養父・重良と共に招かれ、100石、次いで200石を得る。小田原征伐で功を挙げてさらに200石を加える。関ヶ原の戦いでも功があり、一豊が土佐国藩主になると、重良は首席家老1万石、重忠は別に2000石を給わった。

その後、人質として妻子と共に16年間江戸で暮らす。土佐藩2代藩主・山内忠義を輔けて功を挙げ、5000石を賜る。しかし藩命により、重良は一豊の弟・康豊の三男・重昌を養子とし、重忠の娘と配して家名を継がせることとなり、重忠は南宗深尾家を興し、家老の一員となる。元和8年(1622年)、忠義の命を奉じて、野中直継寺村淡路乾和三らと共に土佐領内の仕置を定める。

万治元年(1658年)、病死した。

逸話編集

妻の病気平癒を祈願して全快し、その礼として乗台寺に庭園を築いた。高知県指定の文化財とし今でも佐川町に存在している。

系譜編集

出典編集

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年
  • 『土佐藩家老物語』松岡司著、高知新聞社、2001年
先代:
-
南宗深尾家初代当主
1632年 - 1658年
次代:
深尾重行