メインメニューを開く

山県郡 (岐阜県)

日本の岐阜県に存在した郡
岐阜県山県郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

山県郡(やまがたぐん)は、岐阜県美濃国)にあった

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 岐阜市の一部(加野、岩井、福富、太郎丸以北)
  • 関市の一部(保明・側島・戸田・千疋・植野・千疋北・大平台)
  • 山県市の大部分(中洞・岩佐・笹賀・田栗・椿・徳永・佐野・出戸・日永・相戸・柿野・船越を除く)

歴史編集

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 27村 ●宮上村、三輪村、茂地村、大岡村、掛村、小倉村、四日市場村、千疋村、加野村、戸田村、世保村、溝口村、側島村、伊佐美村、椎倉村、葛原村、神崎村、円原村、●大桑村、赤尾村、●西深瀬村、東深瀬村、高木村、門屋村、森村、佐賀村、福富村
旗本領 6村 松尾村、古市場村、太郎丸村、岩村、大森村、洞田村
幕府領・旗本領 2村 平井村、●北野村
藩領 美濃岩村藩 6村 富永村[1]、日原村、片狩村、青波村、谷合村、上願村
尾張名古屋藩 3村 長滝村、植野村、中屋村
美濃高富藩 1町
1村
岩井村、天王町
幕府領・藩領 幕府領・岩村藩 1村 藤倉村
幕府領・名古屋藩 1村 梅原村
幕府領・高富藩 2村 高富村、石原村
  • 慶応4年
  • 明治初年 - 領地替えにより幕府領の一部(森村・佐賀村・福富村・高富村・石原村)が高富藩領、名古屋藩領の一部(植野村・中屋村)が笠松県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治7年(1874年)9月[2](47村)
    • 高富村・天王町が合併し、改めて高富村となる。
    • 大岡村・掛村が合併し、改めて掛村となる。
    • 片狩村・日原村および神崎村の一部(字小倉洞)が合併して片原村となる。
  • 明治8年(1875年)(45村)
    • 1月 - 四日市場村・小倉村が合併し、改めて小倉村となる[3]
    • 10月 - 宮上村が三輪村に合併。
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての山県郡が発足。郡役所が高富村に設置。

町村制以降の沿革編集

変遷表編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集