メインメニューを開く

深尾 重昌(ふかお しげまさ)は、江戸時代前期の土佐藩家老。深尾家2代当主。佐川2代領主。

 
深尾重昌
時代 江戸時代前期
生誕 慶長3年(1598年
死没 寛文12年8月25日1672年10月15日
別名 通称:出羽
主君 山内忠義忠豊
土佐藩
氏族 土佐山内氏深尾氏
父母 父:山内康豊、養父:深尾重良
兄弟 与祢(津田平八郎室→稲葉正成継々室)、山内忠義、
慈教院(松下方綱室→西園寺公益室)、山内政豊重昌山内一唯
郷(山内吉佐室)
養兄弟:重忠深尾重三子)
正室:深尾重忠の娘
側室:呂久
成直重歳重照重康繁康
山内豊吉室、並川主税
テンプレートを表示

生涯編集

慶長3年(1598年)、山内一豊の弟・康豊の三男として誕生した。

高岡郡佐川土居付家老の深尾重良の養子となる。寛永7年(1630年)、養父が隠居して家督を継ぐ。なお、重良には養子・重忠がいたが、藩命により重昌が継承することとなり、後に重忠は南宗深尾家を興している。

重昌は藩主一門や筆頭家老として藩政に重大な関係を持った。特に奉行・野中兼山に対しては、その藩政改革が行き詰まりを見せ、上士から不満を持たれていたため、藩主が山内忠豊に代わると、子・因幡重照や娘婿で家老の山内豊吉と共に連名で、3箇条の訴書を側近の孕石元政生駒木工を通じて藩主の忠豊に提出し、兼山を失脚させるきっかけを作った。

寛文12年(1672年)、死去した。

系譜編集

出典編集

先代:
深尾重良
佐川深尾家2代当主
1630年 - 1662年
次代:
深尾重照