メインメニューを開く
添田飛雄太郎

添田 飛雄太郎(そえだ ひおたろう、元治元年11月7日[1]1864年12月5日) - 昭和12年(1937年1月25日[1])は、日本の衆議院議員憲政本党立憲国民党立憲同志会憲政会革新倶楽部)。

経歴編集

出羽国雄勝郡湯沢町(現在の秋田県湯沢市)出身。1886年明治19年)、上京して英語ドイツ語を学び、1888年(明治21年)から7年間、ドイツテュービンゲン大学政治学経済学法学を学んだ[2]1903年(明治36年)、秋田県立秋田中学校校長に就任し、1907年(明治40年)まで務めた[1]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、5回連続当選を果たした。

脚注編集

  1. ^ a b c 故添田飛雄太郎位階追陞ノ件
  2. ^ 『第二十八議会衆議院議員写真列伝』

参考文献編集