メインメニューを開く

清九郎の家(せいくろうのいえ)は、新潟県佐渡市宿根木重要伝統的建造物群保存地区にある[1]、江戸時代後期に建造された築200年ほどの家で、江戸時代中期に廻船業を始め、幕末から明治にかけて財をなした有田久四郎家が石塚清九郎に売却したもの。

清九郎の家
Seikuro house.jpg
清九郎の家
情報
用途 民家
施工 江戸時代、後期
階数 2
戸数 1
開館開所 9:00~16:00(閉館は時期により異なる)
所在地

952-0612
新潟県佐渡市宿根木400

清九郎の家の位置(新潟県内)
清九郎の家
座標 北緯37度48分23.78秒 東経138度14分36.5秒 / 北緯37.8066056度 東経138.243472度 / 37.8066056; 138.243472座標: 北緯37度48分23.78秒 東経138度14分36.5秒 / 北緯37.8066056度 東経138.243472度 / 37.8066056; 138.243472
備考 宿根木見直し調査
テンプレートを表示

所在地編集

  • 〒952-0612 新潟県佐渡市宿根木400 

アクセス編集

  • 小木港から新潟交通佐渡宿根木線沢崎行きバスで15分、宿根木下車すぐ
駐車場あり(無料)宿根木地区共同駐車場を利用

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集