清水 亮(しみず りょう、1974年 - )は、日本歴史学者埼玉大学教育学部准教授。早稲田大学博士(文学)。専門は中世史、特に鎌倉幕府

来歴編集

1974年、神奈川県生まれ。

1996年慶應義塾大学文学部卒業。2002年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学2007年より埼玉大学教育学部准教授[1]

所属学会は、埼玉県地方史研究会、民衆史研究会、歴史学研究会日本史研究会、地方史研究協議会、日本古文書学会歴史科学協議会、鎌倉遺文研究会。

2005年、学位論文「鎌倉幕府御家人制の地域的展開と中世国家」[2]により早稲田大学より博士(文学)授与[3][4]

著書編集

  • 『鎌倉幕府御家人制の政治史的研究』(校倉書房、2007年)
  • 『畠山重忠』(編著、戎光祥出版、2012年)
  • 『常陸真壁氏』(編著、戎光祥出版、2016年)
  • 『南北朝遺文 関東編』第2-7巻(共編、東京堂出版、2008-17年)
  • 『中世武士 畠山重忠―秩父平氏の嫡流』(吉川弘文館、2018年)

脚注編集

  1. ^ 清水亮 (2018). 『中世武士 畠山重忠―秩父平氏の嫡流』. 吉川弘文館. p. 奥付. 
  2. ^ NetCommons「鎌倉幕府御家人制の地域的展開と中世国家」2016年8月3日。
  3. ^ 清水 亮 教育学部 社会講座 | 埼玉大学研究者総覧”. s-read.saitama-u.ac.jp. 2019年1月22日閲覧。
  4. ^ 清水 亮 - 研究者 - researchmap”. researchmap.jp. 2019年1月22日閲覧。