メインメニューを開く

清水園(しみずえん)は、新潟県新発田市にある日本庭園

清水園
Shimizu-en
160716 Shimizuen Shibata Niigata pref Japan29s3.jpg
池と茶室「夕佳亭」
分類 池泉回遊式日本庭園
所在地
日本
新潟県新発田市大栄町7-9-32
面積 20,000m²
設備・遊具 書院、茶室5、郷土資料館、カフェ、食堂
告示 1946年北方文化博物館管理
雪の池と茶室「夕佳亭」

目次

概要編集

江戸時代新発田藩により造られた。近江八景を取り入れた回遊式庭園で、中央には草書体の「水」の字をかたどった池が配置されており、池の周囲には五つの茶室が点在する。また園内には「清水谷御殿」と呼ばれた簡素な数寄屋造り書院がある。これは庭園より古くから存在する。

2003年に「旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園および五十公野御茶屋庭園」の名称で、国の名勝に指定[1]された。

歴史編集

新発田藩三代藩主溝口宣直の時代、この地の高徳寺を五十公野へ移した跡地に藩の下屋敷の造営が始まった。付近が清水谷と呼ばれていたことから、「清水谷御殿」と呼ばれた。

四代藩主溝口重雄の時代、幕府庭方茶人縣宗知を招いて庭園の造営が行われた。

1891年、大地主の伊藤文吉に買収された後、1946年より北方文化博物館の分館となり、「清水園」と名づけられた。この時に全体的な修復が行われた。庭師田中泰阿弥が庭園を復元した[2]

2003年、同じく縣宗知の指南下で造られた五十公野御茶屋庭園とともに、国の名勝に指定された。指定にあたって「越後を代表する大名庭園である」と評価された。

施設編集

  • 書院
  • 茶室 - 桐庵、夕佳亭、翠濤庵、同仁斎、松月亭
  • 郷土資料館 - 堀部安兵衛伝承館
  • カフェ
  • 食堂

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集