メインメニューを開く

清瀬 天太(きよせ てんた、1996年8月25日 - )は、日本プロボクサー兵庫県姫路市出身。姫路木下ボクシングジム所属。

清瀬 天太
基本情報
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-08-25) 1996年8月25日(23歳)
出身地 兵庫県姫路市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 15
KO勝ち 7
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

人物編集

普段は自動車整備の仕事をしている[3]

兄の影響で小学5年生からボクシングを始めた[4]、。

来歴編集

2013年12月20日に阿倍野区民センターで平野拳生とバンタム級4回戦を戦い、4回0-2(37-38、36-39、38-38)判定負けでデビュー戦を白星で飾ることが出来なかった[5]が、3か月後4回判定勝ちでプロ初勝利を収めた[6]

2015年西日本バンタム級新人王として、東軍代表武田航と対戦して5回0-3(46-48、45-50×2)の判定負けを喫して全日本新人王獲得はならなかった[7]

その後6連勝して2017年11月5日に行われた「ビッグファイトボクシング」にてひまわりホールでジョー・テホネスとWBC世界スーパーバンタム級ユース王座決定戦を行い、10回3-0(99-91、100-90×2)判定勝ちを収め世界ユース王座獲得に成功した[8]

そして2018年7月21日にウインク体育館で行われた「第50回ビッグファイトボクシング」にて元世界ミニマム級王者オーレドン・シッサマーチャイと戦い、7回終了TKO勝ちを収め[9]2019年2月10日にはウインク体育館でベン・マナンクィルとWBOアジアパシフィック・バンタム級王座決定戦を行って12回0-3(113-114、111-116、113-116)の判定負けで王座獲得に失敗した[10]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • アマチュアボクシング - 40戦31勝9敗
  • プロボクシング - 19戦15勝3敗1分(7KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年12月20日 4R 判定0-2 平野拳生(風間)   日本 プロデビュー戦
2 2014年3月23日 4R 判定3-0 髙岡京佑(VADY)   日本
3 2014年6月20日 4R 判定1-0 大里登(大鵬)   日本
4 2014年9月21日 4R 2:56 TKO 小柳一樹(倉敷守安)   日本
5 2014年11月2日 4R 負傷判定 西川諒(井岡弘樹)   日本
6 2015年3月29日 4R 判定3-0 田中隆介(森岡)   日本 2015年西日本バンタム級新人王予選
7 2015年7月19日 4R 判定3-0 平沼勇介(フュチュール)   日本 2015年西日本バンタム級新人王予選
8 2015年9月27日 5R 判定2-1 荒木哲(斉藤)   日本 2015年西日本バンタム級新人王決勝
9 2015年11月15日 5R 判定2-0 水野拓哉松田   日本 2015年新人王戦バンタム級西軍代表決定戦
10 2015年12月20日 5R 判定0-3 武田航角海老宝石   日本 2015年全日本バンタム級新人王決勝戦
11 2016年3月20日 2R 1:48 KO ペットガオガラット・ガオラーンレックジム   タイ
12 2016年6月5日 6R 2:30 TKO ジャンプ池尾(関門JAPAN)   日本
13 2016年9月18日 8R 判定3-0 石橋俊(仲里   日本
14 2016年12月19日 3R 2:44 TKO 大塚隆太(鴻巣茂野)   日本
15 2017年3月19日 6R 2:40 TKO 東泰誠(真正   日本
16 2017年8月6日 1R 2:00 KO ルンニルン・ゴーラットスポーツスクール   タイ
17 2017年11月5日 10R 判定3-0 ジョー・テホネス   フィリピン WBC世界スーパーバンタム級ユース王座決定戦
18 2018年7月21日 7R終了 TKO オーレドン・シッサマーチャイ   タイ
19 2019年2月10日 12R 判定0-3 ベン・マナンクィル   フィリピン WBOアジアパシフィックバンタム級王座決定戦
テンプレート

脚注編集

  1. ^ ボクシング清瀬天太選手「夢へ若さぶつける」 7月に試合 神戸新聞NEXT 2018年5月9日
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】バンタム級 (53.52 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ ボクシング 21歳・清瀬がKO宣言 WBCユース王座 神戸新聞NEXT 2017年10月29日
  4. ^ 清瀬天太、地元姫路で元世界王者破る…オーレドンは井岡戦以来7年ぶり黒星 スポーツ報知 2018年7月22日
  5. ^ 2013年12月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ 試合結果2014年3月 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月7日
  7. ^ 全日本新人王決定戦 東軍が勝ち越し、MVP市村蓮司 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  8. ^ 清瀬天太が大差判定勝ち、WBCユース王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月5日
  9. ^ 清瀬天太が世界ランカーを7回終了TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月22日
  10. ^ 清瀬天太WBOアジア王座獲得ならず日向野知恵が女子ミニマム級王者に”. Boxing News(ボクシングニュース). 2019年2月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集