メインメニューを開く

渋川 義行(しぶかわ よしゆき)は、南北朝時代武将九州探題渋川氏6代当主。

 
渋川義行
時代 南北朝時代
生誕 正平4年(1348年
死没 天授元年8月11日1375年9月7日
戒名 道祐
官位 武蔵右兵衛佐
幕府 室町幕府 備中備後守護
主君 足利義詮義満
氏族 渋川氏
父母 父:渋川直頼、母:高師直
兄弟 義行
養兄弟:尊頼(義宗)吉見氏からの養子)
満頼満行義長吉良満貞室ら
テンプレートを表示

略歴編集

正平4年(1348年)、5代当主・渋川直頼の子として誕生。正平20年(1365年)、父から相続した備後国御調郡の所領に加え、幕府より備後守護、さらには備中国守護に任命された。さらに九州鎮圧の進まない斯波氏経の辞任を受け、18歳にして九州探題に就任する。

義行の探題就任には伯母の渋川幸子の強い意向が働いたともされる。幕府の期待を受けて九州へ下向しようとしたが征西大将軍懐良親王を擁する菊池武光南朝方の征西府の頑強な抵抗に遭い、九州に入る事無く山陽地方に留まらざるを得なかった。

その後も征西府の勢威に抗えず、建徳元年(1370年)、ついに九州に一歩も入ることができないまま探題職を更迭された。やがて備後を経て都へ帰還するとまもなく剃髪し、天授元年(1375年)8月11日、死去。享年28。

相次ぐ探題の九州攻略失敗に業を煮やした幕府は、のちに名将として評価された今川了俊を送り込むことになる。

先代:
斯波氏経
九州探題
1365年 - 1370年
次代:
今川貞世