メインメニューを開く
遊星ギヤ減速機の内部

減速機(げんそくき)とは歯車等で動力の回転速度を減じて出力する機械装置である。出力として、減速比(歯数比プーリー比)に比例したトルクを得ることができる。

例えば、入力側の歯数が15枚、出力側の歯数が30枚という2枚の歯車からなる減速機があるとする。それぞれの歯数が1:2なので、入力側の回転速度(回転数)が出力側では2分の1となり、得られるトルクは2倍になる。この場合の減速比は2となる。

概要編集

主に原動機の出力軸に用いられるが、自動車最終減速機のように、変速機の後段に用いる場合もある[1]産業用、鉄道車両[2]などでは電動機との組み合わせも多い。ほかには船舶スクリュープロペラ航空機プロペラ駆動にも減速機が用いられている。

種類編集

歯車減速機編集

平行軸編集

  • 平行軸歯車減速機
    歯車及び軸受、筐体、潤滑機構で構成される。高精度に製造された平歯車は、一段あたり98%程度の伝達効率を確保できる。はすば歯車を使用する場合もある。
  • ヘリカル減速機

直交軸編集

同芯軸編集

トラクションドライブ型編集

  • ローラ減速機

その他編集

他にもベルトやチェーンを使用して減速するものがある。

適用例編集

ロボット、産業用編集

減速機と一体となった電動モーターをギアモーター(ギヤモーター)もしくはギアードモーターという。減速機単体はギヤボックスと呼ぶことが多い。サーボモーター(ロボットの関節や工作機械の駆動部などの制御用モーター)には歯車の隙間を詰めてバックラッシュを減らした、精密かつ特殊な減速機が使われる。

主な低バックラッシュ減速機編集

脚注編集

関連項目編集

これらには出力側が等速(1:1)や増速(オーバードライブ)となるものがある。