メインメニューを開く

渡海 昇二(とかい しょうじ、1938年5月3日 - 2016年6月30日[1])は、兵庫県出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

渡海 昇二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1938-05-03) 1938年5月3日
没年月日 (2016-06-30) 2016年6月30日(78歳没)
身長
体重
177 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

芦屋高では、1956年中堅手として春の選抜に出場する。準決勝まで進むが中京商業高の安井勝投手(立大 - 丸善石油)に完封を喫する[2]。なお、中京商業高は同大会で優勝した。高校時代の、1学年下のチームメートに左翼手寺本勇がいた。

高校卒業後は、慶應大学に進学する。東京六大学野球リーグで優勝はできなかったが、主将として1960年秋季リーグの早慶六連戦で活躍。2年生捕手の大橋勲とともに打線の中軸を担い、同季のベストナイン(外野手)にも選出される。リーグ通算81試合出場、290打数76安打、2本塁打、31打点、打率.262、ベストナイン(外野手)2回。大学同期に一塁手の村木博(日本通運)、二塁手の近藤良輔(日本通運 - 慶大監督)らがいた。

1961年読売ジャイアンツに入団。1年目から一軍に定着し、外野手の準レギュラーとして23試合に先発出場。同年のリーグ優勝に貢献し、南海ホークスとの日本シリーズ第1戦では六番打者、左翼手に起用されるが無安打に終わった。1963年は、開幕直後から一番打者に抜擢されたが、打撃成績が上がらず、1964年東映フライヤーズに移籍。ここでも4月には一番打者、中堅手として起用されるが、結果を残せず、同年限りで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1961 巨人 76 142 123 17 26 2 0 4 40 9 3 2 2 0 17 0 0 23 1 .211 .307 .325 .632
1962 62 99 92 9 20 2 0 0 22 8 3 2 3 1 3 0 0 22 1 .217 .240 .239 .479
1963 89 173 153 27 30 4 2 3 47 15 7 2 1 2 17 0 0 39 3 .196 .273 .307 .580
1964 東映 66 130 116 10 22 2 0 1 27 8 4 5 2 1 11 0 0 19 2 .190 .258 .233 .491
通算:4年 293 544 484 63 98 10 2 8 136 40 17 11 8 4 48 0 0 103 7 .202 .272 .281 .553

背番号編集

  • 5 (1961年 - 1962年)
  • 50 (1963年)
  • 51 (1964年)

脚注編集

  1. ^ “渡海昇二氏が肺炎で死去、慶大から1961年に巨人入団”. サンケイスポーツ. (2016年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20161025/gia16102505000003-n1.html 2016年10月25日閲覧。 
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集