メインメニューを開く

寺本 勇(てらもと いさむ、1939年7月3日 - )は、兵庫県芦屋市出身の元プロ野球選手外野手)・プロ野球審判員。元パシフィック・リーグ審判部長。

寺本 勇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県芦屋市
生年月日 (1939-07-03) 1939年7月3日(80歳)
身長
体重
177 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

芦屋高等学校では1956年、2年生の時に左翼手として春の選抜に出場。準決勝まで進むが中京商に敗れる。一学年上のチームメートに渡海昇二がいた。卒業後は立教大学に進学。東京六大学野球リーグでは1、2年在学中に3度の優勝を経験するが、その後の立大は低迷を続ける。しかし1961年秋季リーグでチームは2位まで順位を戻し、寺本も打率.410(2位)を記録して、同季のベストナインに選出された。大学同期に丸山完二青野修三がいる。

1962年大毎オリオンズに入団するが、一軍出場に恵まれないまま1963年に退団。選手としては代打代走のみの出場で、7試合に出場し5打数0安打。

選手から審判に転じた斎田忠利の紹介で翌1964年にプロ野球審判に転じ、パシフィック・リーグの関西審判部に入局。1986年からインサイドプロテクターを使用し、1992年より審判部長、前川芳男に部長の座を譲った後も1998年まで審判を務める(1999年から2003年の退職までは関西審判部専任指導員)。

この間1970年には審判員交流制度によりセントラル・リーグの審判を務め、1998年には3272試合出場のパ・リーグ最多新記録を樹立している。最終的には3327試合に出場した(セ・リーグの最多出場記録は岡田功の3902試合)。同僚の岡田豊・斎田忠利・前川芳男・五十嵐洋一村田康一藤本典征牧野伸と共に1970年代から1980年代にかけてのパ・リーグの名物審判として知られている(同時代のセ・リーグの名物審判には谷村友一・岡田功・丸山博平光清柏木敏夫松橋慶季大里晴信福井宏鈴木徹山本文男井上忠行田中俊幸などがいる)。

1970年10月22日中日球場での中日-巨人戦(巨人が6年連続セ・リーグ優勝を達成した試合)、1978年のオールスターゲーム第1戦(エイドリアン・ギャレットによる1試合3本塁打達成試合)、1989年10月12日西武球場での西武-近鉄ダブルヘッダー第2試合(ラルフ・ブライアントがホームランを放ち、第1試合から通算して4打数連続本塁打を達成した試合)、同年の日本シリーズ第7戦で球審をしていた。

審判員袖番号は141977年初採用から1998年まで)。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1962 大毎 5 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .200 .000 .200
1963 2 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 7 6 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .167 .000 .167

背番号編集

  • 6 (1962年)
  • 36 (1963年)

関連項目編集