メインメニューを開く

渡辺 一衛(わたなべ かずえ、1924年9月9日 - )は、日本新潟県高田市(現・上越市)出身のプロ野球選手(ポジションは一塁手外野手)。

渡辺 一衛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県高田市(現・上越市
生年月日 (1924-09-09) 1924年9月9日(95歳)
身長
体重
174 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1948年
初出場 1948年4月18日[1]
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

高田中学(新潟県立高田高等学校)から大連満洲倶楽部を経て、1948年金星スターズに入団。新潟県出身者として初のプロ野球選手でもあった[2]。現役時代は、代打や守備固めに終始したが、1950年5月14日後楽園球場で行われた西鉄戦では、山口富雄の代打として出場し、ライトに上げたフライを西鉄のライト・木暮力三が落球して、サヨナラ満塁エラーの立役者となっている[3]1951年限りで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 金星
大映
38 71 70 2 15 3 0 0 18 3 0 1 0 -- 1 -- 0 12 -- .214 .225 .257 .482
1949 38 45 43 5 7 1 0 1 11 6 0 0 0 -- 2 -- 0 10 -- .163 .200 .256 .456
1950 76 202 194 11 46 6 0 2 58 16 0 0 1 -- 7 -- 0 38 1 .237 .264 .299 .563
1951 20 35 34 1 5 1 0 0 6 1 0 0 0 -- 1 -- 0 6 1 .147 .171 .176 .347
通算:4年 172 353 341 19 73 11 0 3 93 26 0 1 1 -- 11 -- 0 66 2 .214 .239 .273 .512
  • 金星は、1949年に大映(大映スターズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 29 (1948年)[4]
  • 26 (1949年 - 1950年途中、1951年途中 - 1951年終了)[5][6]
  • 8 (1950年途中 - 1951年途中)[5][6]

脚注編集

  1. ^ 金星vs中日 1回戦(日本プロ野球記録のページ)
  2. ^ 巨人の投手でプロレスラーだった馬場正平(ジャイアント馬場)は自著『馬場伝説』で、自分こそ新潟県ではじめてのプロ野球選手という記述があるが、「文芸春秋2012年3月号の二宮清純「プロ野球 伝説の検証10」によると、渡辺こそ新潟県第1号のプロ野球選手であり、馬場の記憶違いであるとしている。
  3. ^ 記録25(プロ野球考古学のページである。1.こんな記録がありました)
  4. ^ 渡辺 一衛(日本プロ野球記録のページ)
  5. ^ a b 大映スターズ 背番号26(背番号maniax)捕手となっているが、一塁手か外野手の誤りである。
  6. ^ a b 大映スターズ 背番号8(背番号maniax)捕手となっているが、一塁手か外野手の誤りである。

関連項目編集