メインメニューを開く

渡辺 正彦(わたなべ まさひこ)は、日本の男性アニメーション演出家スタジオコクピット所属。

来歴・人物編集

東京都出身、現在埼玉県狭山市在住。

いまは無き「にっかつ芸術学院」を卒業、有限会社スタジオ コクピットに入社する。すぐに東映動画(現、東映アニメーション)に出向して制作として働き始める。1984年から87年に記載がないのは、この当時アメリカのマーベル社のアニメ「トランスフォーマー(G1)」、「Jem」などで演出助手つとめていた為である。

『ポケットモンスター』シリーズでは、『DP』までオー・エル・エム自社回やスタジオたくらんけ神楽が作画協力[1]した回の演出を担当していた。その後は主にスタジオコクピット話数の制作進行を担当しており、『XY』の途中からはスタジオたくらんけ話数の演出にも復帰している。

参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

ゲーム編集

編集

  1. ^ 『ポケットモンスター』における作画協力は一般的なアニメの制作協力に当たる。

関連項目編集