ポケットモンスター サン&ムーン

ウィキメディアの一覧記事

ポケットモンスター サン&ムーン』(ポケットモンスター サンアンドムーン)は、日本テレビ東京系列ほかで2016年11月17日から放送されているゲームソフトポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメ。『ポケットモンスター XY&Z』の続編となる[注 3]ポケモンSMと略されることがある。

ポケットモンスター サン&ムーン
アニメ
原作 田尻智増田順一杉森建[注 1]
総監督 湯山邦彦[1]
監督 冨安大貴[1]
シリーズ構成 松井亜弥[1]
脚本 松井亜弥、冨岡淳広面出明美
関根アユミ、米村正二藤咲淳一
宮田由佳
キャラクターデザイン 中野悟史、安田周平[1]
音楽 宮崎慎二[1]
アニメーション制作 OLM Team Kato
製作 テレビ東京
MEDIANETShoPro
放送局 テレビ東京系列[2]
放送期間 2016年11月17日[3][注 2] -
関連作品
テンプレート - ノート

目次

概要編集

ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』の発売前日にスタートした新シリーズで、ゲームと同じくアローラ地方が舞台となる。テレビ東京系では、初回となる2016年11月17日と翌週の11月24日は2週連続で1時間スペシャルとして放送された[注 4]

従来のシリーズは各地方を旅してジム戦を重ね、ポケモンリーグを目指すことが主軸であったが、本作はアローラ地方での学校生活が主軸とされている[注 5]

前作から引き続き字幕放送を実施。その中の字幕では、サトシの台詞が黄色、リーリエの台詞が水色、それ以外の登場キャラクター[注 6]は白で表記される。

「Zワザ」のシーンでは技名がゲーム版と同様の字幕で表示される演出が入っている。

番組構成は、前作の『ポケットモンスター XY&Z』の放送時間が18:55 - 19:25に変更された2016年4月以降と同様にアバン→OP→Aパート→アイキャッチ→提供クレジット→CM→アイキャッチ→Bパート→CM→ED→CM→次回予告→提供クレジットの順である。次回予告は直接本編映像に「次回予告」のテロップが入って始まる形式となり、締めくくりの台詞である「みんなもポケモン、ゲットだぜ!」は言わなくなった。

ベストウイッシュ』第61話からCM前後のアイキャッチで行われていたポケモンシルエットクイズは引き続き継続されているが、今作では画面左側に表示されたポケモンのシルエットと同じものを選ぶ形式から、バラバラに並んでる4枚のパズルに描かれているポケモンを当てるものに変更となった。

第3話以降はアバン前とED後にシリーズでは初のデータ放送と連動したおまけコーナー「ポケもんだい」がスタートする。アバン前では主にその回で活躍する人物がその回の本編に関するクイズを出題し、ED後はクイズの答えを発表した後その回の後日談となるショートアニメを流している。前シリーズまでのおまけコーナーと同様に映画の最新情報等がある際は休止するが、本作では前作のようにオーキド博士ではなく、ナレーションが情報をガイドしている。

2017年4月にアニメシリーズ放送開始20周年を迎えた。8月10日放送の第37話より、11月17日発売の『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』発売に先駆け、それに連動した話が不定期に放送される。

44話からはそれまでの話を踏襲しつつほしぐも(コスモッグ)を中心とした新章に突入。シリーズ恒例である石塚運昇によるナレーションは同話で廃止、その代わり45話からは48話を除いて冒頭にリーリエが前回を回想するシーンが挿入されている。

あらすじ編集

マサラタウンの商店街の福引きでサトシ宅のバリヤードアローラ地方の観光旅行チケットを当てたため、サトシ達はアローラ地方へ観光旅行へやってきた。サトシは数々の新しいポケモンたちに興奮する中、ポケモンスクールを訪れる。アローラ地方に伝わる特別な技Zワザを目にしたサトシは、その夜メレメレ島の守り神カプ・コケコに出会い、Zリングを渡される。ポケモンスクールに通うことになり、クラスメイトによるサプライズ歓迎会が行われる中、カプ・コケコとポケモンバトルをすることになる。島めぐりで試練を乗り越え、自らの力でZクリスタルを獲得し、Zワザを使いこなせるようになるべくサトシたちの冒険は始まった。

登場人物編集

  • 既存キャラクター
    • 前作から引き続きサトシ、サトシのピカチュウ、ロケット団、オーキド博士、ハナコらが登場しており、無印編から登場しているキャラに関してはキャラクターデザインが大幅に変更されており[注 7]、本作のサトシはやや日焼けした姿で、ゆるっとした線で描かれている。これに対してサトシの声優である松本梨香は「梨香自身も驚いたりしたけど、サトシへの愛はかわらない。これからも全力でみんなに愛されるサトシを演じます」とコメントしている[4]
    • ロケット団は『BW』・『XY』と同様登場しない話があり、初回にロケット団が登場しないのは『無印』以来だが、初回から2話連続で登場しなかったのはシリーズ初となる。また、これまでのシリーズでは遠くへ吹っ飛ばされて「やな感じ〜!」と言う台詞となっていたが、本作では吹っ飛ばされずキテルグマに連れ去られて「何この感じ〜⁉︎」と言う台詞となっている[注 8]。また、これまでのシリーズでサトシの事を「ジャリボーイ」と呼んでいたが、本作では「スクールボーイ」と呼ぶ場合もある。
    • 無印編で準レギュラーとして登場していたプリン(マイク型マーカーを持つ個体)が『AG』の39話から約14年ぶりに本作の第42話に再登場し、本作で再び準レギュラーに復帰した[注 9]。 
  • 新キャラクター
    • 本作ではゲーム版『サン・ムーン』の主人公をモデルとしたメインキャラクターは登場せず、ゲーム版の登場人物であるリーリエがメインヒロインに起用されている[注 10]。途中の51話からは髪をポニーテールにし、活動的な服へと姿を変えたのもゲーム版と同じである。
    • 本作ではゲーム版同様にジム戦が廃止されているため、過去の『無印』から前作までは存在したジムリーダー[注 11]のメインキャラクターは登場せず、代わってゲーム版の「キャプテン」からカキ、マオ、スイレン、マーマネ[注 12]がメインキャラクターとして登場している。ククイ博士、ナリヤ・オーキド、ロトム図鑑もメインキャラクターとして登場。
    • 旅をするシリーズから、スクールライフのストーリーに変わった関係で、今までのレギュラーメンバーのように、毎回全員が揃って登場するわけではなく、話によっては台詞なしで登場したり、全く登場しないキャラクターも存在する。
    • ゲーム版の悪の組織「スカル団」は第1話より登場しており、初回からロケット団以外の悪の組織が登場するのはシリーズ初となる[注 13]
    • ジョーイ、ジュンサーのデザインや声優は『BW』・『XY』同様一新され、手持ちのポケモンも変更された。

以下の人物・団体は個別項目を参照。

エーテル財団
ルザミーネ - 木下紗華
ビッケ - 藤村知可
ザオボー - 真殿光昭
バーネット博士 - 國立幸
準メインキャラクター
ジョーイ - 清水理沙
ジュンサー - 瀬戸麻沙美
グラジオ - 岡本信彦
その他のキャラクター
オーキド博士 - 石塚運昇
ハナコ - 豊島まさみ
カスミ - 飯塚雅弓
タケシ - うえだゆうじ

スタッフ編集

前作からスタッフが一部変化しており、監督が矢嶋哲生から冨安大貴に、シリーズ構成が冨岡淳広から松井亜弥に、キャラクターデザイン広岡トシヒトから中野悟史、安田周平に変更となっている[1]

各話スタッフ編集

主題歌編集

前作に引き続きソニーミュージック系の曲を使用。

オープニングテーマ編集

話数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 発売日 概要 オリコン最高位 オリコン登場回数
1-29
44-
アローラ!! 佐香智久 Saku サトシ with ピカチュウ
(松本梨香/大谷育江)
SME Records 2017年4月12日 松本梨香は前作の「XY&Z」に引き続き、サトシとしてオープニングテーマを担当している。
松本梨香が連続でオープニングテーマを担当するのは
ベストウイッシュ!」→「やじるしになって!」→「やじるしになって! 2013」以来となる。
イントロ部分でオープニングナレーションが取り入れられており、
代わりに無印編の「Ready Go!」以来続いてきた本シリーズの概説文は廃止されている。
第44話以降は映像の一部が変更された。
18位 5回
30-43 めざせポケモンマスター -20th Anniversary- 戸田昭吾 たなかひろかず 松本梨香 2017年6月28日 ホウオウ、マーシャドーの登場部分を除き
映像は本編及び前オープニングからの流用。
無印編初代オープニングテーマのリメイクであり、
2017年の長編映画『キミにきめた!』のオープニングテーマでもある。
42話・43話のみ一部の合いの手が追加されている。

エンディングテーマ編集

話数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 発売日 概要 オリコン最高位 オリコン登場回数
1- ポーズ 岡崎体育 SME Records 2017年4月12日 テレビ東京系列局では初回放送が1時間スペシャルとなったため、第2話より使用。
第24話からZワザのダンスの部分のみ2番を使用し、
リーリエとロケット団、バリヤードキテルグマがダンスに参加している。
18位 5回

挿入歌編集

ノンクレジット。インストゥルメンタルとして流れたものは除く。

各話リスト編集

放送日はテレビ東京同時ネットのもの。話数は放送順に数えたもので、公式発表はされていない。

話数 レンタル
DVD収録
サブタイトル 放送日 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
(作画監督補佐)
ゲストデザイン
1 第1巻 アローラ! はじめての島、はじめてのポケモンたち!! 2016年
11月17日
松井亜弥 冨安大貴 高橋知也 安田周平 香月麻衣子
松田真路
2 守り神カプ・コケコ登場! 挑戦、オレたちのZワザ!! 樋口香里 牧野吉高 村田理
(松田真路)
村田理
3 よロトしく、ボク、ロトム図鑑ロト! 11月24日 牧野吉高 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
五十嵐直子
4 第2巻 モクロー登場! アローラでポケモンゲットだぜ!! 尼野浩正 仲野良 田島瑞穂
一石小百合
五十嵐直子
松田真路
一石小百合
5 アシマリ、がんバルーン! 12月1日 冨岡淳広 浅田裕二 渡辺正彦 夏目久仁彦
直井由紀
太田都
五十嵐直子
松田真路
樋口香里
6 びりびりちくちくトゲデマル! 12月8日 面出明美 牧野吉高 篠原隆
(中矢利子)
(郷津春奈)
樋口香里
7 第3巻 市場の風来坊ニャビー! 12月15日 冨岡淳広 尼野浩正 しぎのあきら 藤田正幸
猿渡聖加
菊地功一
太田都
8 タマゴ係はだ~れだ? 12月22日 面出明美 関野昌弘 香月麻衣子
村田理
松田真路
太田都
9 ぬしポケモンはデカグース! 2017年
1月5日
松井亜弥 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
太田都
松田真路
樋口香里
10 第4巻 出るかZワザ! 大試練への挑戦!! 1月12日 飯島正勝 堀内博之 松田真路
11 サトシ、カキんちに行く! 1月19日 冨岡淳広 樋口香里 中田誠 毛利和昭 樋口香里
12 課外授業はヒドイデ!? 1月26日 面出明美 尼野浩正 渡辺正彦 夏目久仁彦
直井由紀
13 第5巻 アローラパンケーキ大レース! 2月2日 松井亜弥 飯島正勝 仲野良 志村泉
大西雅也
(藤本雄一朗)
関野昌弘
河毛雅妃
太田都
小野可南子
14 勇気の結晶、リーリエとロコン! 2月9日 面出明美 尼野浩正 鈴木龍太郎 安田周平
香月麻衣子
-
15 爪あとの丘、イワンコとルガルガン!! 2月23日 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
16 第6巻 小さな三匹、大きな冒険! 3月2日 高橋知也 藤田正幸
難波功
広岡トシヒト
難波功
17 アローラ探偵ロトム! 消えたクリスタルの謎!! 3月9日 松井亜弥 浅田裕二 渡辺正彦 夏目久仁彦
直井由紀
-
18 マジィ!? マオのお料理大作戦!! 3月16日 関根アユミ 尼野浩正 大和田淳 篠原隆 尼野浩正
藤本雄一朗
19 第7巻 電撃猛特訓! カプ・コケコとの再戦!! 3月23日 面出明美 飯島正勝 牧野吉高 藤本雄一朗
堀内博之
大橋藍人
河毛雅妃
20 サトシとピカチュウ、二人の約束 4月6日 松井亜弥 尼野浩正 仲野良 安田周平
村田理
-
21 ニャビー、旅立ちの時! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
22 第8巻 スコップに要注意!!! 4月13日 尼野浩正 榎本守 渡部裕子
門智昭
(斉藤雅和)
(田之上慎)
(小林ゆかり)
23 衝撃! ダグトリオ解散!? 4月20日 関根アユミ 浅田裕二 渡辺正彦 夏目久仁彦
直井由紀
直井由紀
村田理
香月麻衣子
24 アローラ! はじめての授業参観!! 4月27日 面出明美 樋口香里 鈴木龍太郎 藤本雄一朗
大西雅也
(中矢利子)
香月麻衣子
25 第9巻 クリスタル争奪戦! ロケット団対スカル団!! 5月4日 冨岡淳広 飯島正勝 渡辺正彦 篠原隆 藤本雄一朗
26 さよならマーマネ! 5月11日 米村正二 尼野浩正 仲野良 志村泉
香月麻衣子
-
27 出でよ! 紅き眼差しルガルガン!! 5月18日 松井亜弥 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
直井由紀
村田理
香月麻衣子
28 第10巻 熱闘ポケベース! ねらえ逆転ホームラン!! 5月25日 藤咲淳一 浅田裕二 小柴純弥 村田理
矢田木瀧
(難波功)
村田理
29 ネマシュの森であなたも寝ましゅ? 6月8日 関根アユミ 吉村文宏 小平麻紀 安田周平
伊藤典子
-
30 リーリエ、ピカチュウをかわいがってあげてね 6月15日 面出明美 神谷純 渡辺正彦 夏目久仁彦
直井由紀
31 - ライチ登場! 泣いて笑って、島クイーン!! 6月22日 冨岡淳広 高橋ナオヒト 宮原秀二 藤田正幸
猿渡聖加
小野晃
松田真路
32 お宝発見! ムーランドサーチ!! 6月29日 米村正二 飯島正勝 牧野吉高 篠原隆 太田都
藤本雄一朗
33 ヨワシ強し、池のぬし! 7月6日 藤咲淳一 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
郷津春奈
34 炎のバトル! ガラガラあらわる!! 7月20日 面出明美 樋口香里 サトウ光敏 石川てつや
35 カレーなバトル! ラランテスの舞!! 7月27日 米村正二 尼野浩正 仲野良 矢田木瀧
伊藤典子
36 ライチの大試練! 一番ハードなポケモン勝負!! 8月3日 冨岡淳広 浅田裕二 小柴純弥 大西雅也 -
37 イワンコといのちの遺跡の守り神! 8月10日 松井亜弥 神谷純 渡辺正彦 直井由紀
38 ミミッキュのばけのかわ! 8月17日 関根アユミ 尼野浩正 榎本守 田之上慎
門智昭
(鷲田敏弥)
(服部憲知)
郷津春奈
39 家出のマオとヤレユータン! 8月24日 藤咲淳一 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
松田真路
郷津春奈
40 アシマリ、オシャマリ、いかりのダダリン! 8月31日 宮田由佳 吉村文宏 中田誠 志村泉 森山裕二
松田真路
郷津春奈
41 ダッシュ! デンヂムシ 9月7日 面出明美 樋口香里 小柴純弥 矢田木瀧
伊藤典子
郷津春奈
42 カントーでアローラ! タケシとカスミ!! 9月14日 米村正二 浅田裕二 小平麻紀 安田周平
香月麻衣子
郷津春奈
大橋藍人
43 ジムバトル! Zワザ対メガシンカ!! 9月21日 冨岡淳広 飯島正勝 中野悟史 郷津春奈
44 サトシとほしぐも! 不思議な出会い!! 10月5日 松井亜弥 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
45 ほしぐもパニック! テレポートは突然に!! 10月12日 藤咲淳一 尼野浩正 牧野吉高 篠原隆 篠原隆
郷津春奈
46 変身メタモン、探すんだモン! 10月19日 関根アユミ 飯島正勝 毛利和昭 藤田正幸
浜田勝
-
47 グラジオとシルヴァディ! 戒めの仮面!! 10月26日 冨岡淳広 吉村文宏 渡辺正彦 直井由紀 郷津春奈
48 ゼンリョクポーズでお泊まり会! 11月2日 宮田由佳 榎本守 小林ゆかり
田之上慎
渡部裕子
49 リーリエとシルヴァディ、よみがえる記憶 11月9日 松井亜弥 尼野浩正 中田誠 大西雅也 -
50 ザオボーの逆襲! さらわれたほしぐも!! 11月16日 米村正二 浅田裕二 岩根雅明
志村泉
51 がんばリーリエ! 決意の家出!! 11月23日 藤咲淳一 牧野吉高 篠原隆
52 日輪の祭壇! ソルガレオ降臨!! 11月30日 松井亜弥 小平麻紀 志村泉
(大西雅也)
53 急げ! ルザミーネ救出大作戦!! 12月7日 冨岡淳広 浅田裕二 小柴純弥 伊藤典子
矢田木瀧
54 輝けZパワーリング! 超ゼンリョクの1000まんボルト!! 12月14日 樋口香里 毛利和昭 香月麻衣子
一石小百合

ポケもんだいリスト編集

話数 放送日 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 出題者
3 2016年
11月24日
- ナリヤ・オーキド
4 マオ
5 12月1日 鈴木龍太郎 安田周平 中野悟史 スイレン
6 12月8日 尼野浩正 仲野良 マーマネ
7 12月15日 ククイ博士
8 12月22日 安田周平
一石小百合
リーリエ
9 2017年
1月5日
中野悟史 - サトシ
10 1月12日 安田周平
一石小百合
中野悟史 ハラ
11 1月19日 大和田淳 安田周平
中矢利子
カキ
12 1月26日 コジロウ
13 2月2日 ナリヤ・オーキド
14 2月9日 リーリエ
15 2月23日 仲野良 ククイ博士
16 3月2日 大和田淳 ニャース
17 3月9日 ロトム図鑑
18 3月16日 冨安大貴 川越一生 安田周平 マオ
19 3月23日 川越一生 中矢利子 ククイ博士
20 4月6日 小柴純弥 サトシ
21 ククイ博士
22 4月13日 カキ
23 4月20日 マーマネ
24 4月27日 ナリヤ・オーキド
25 5月4日 鈴木龍太郎 仲野良 コジロウ
26 5月11日 安田周平 マーマネ
27 5月18日 尼野浩正 牧野吉高 中矢利子 ロトム図鑑
28 5月25日 仲野良 ククイ博士
29 6月8日 スイレン
30 6月15日 川越一生 リーリエ
31 6月22日 尼野浩正 平野宏樹 河毛雅妃 マオ
32 6月29日 仲野良 中矢利子 サトシ
33 7月6日 スイレン
34 7月20日 カキ
35 7月27日 尼野浩正 仲野良 マオ
36 8月3日 平野宏樹 ククイ博士
37 8月10日
38 8月17日 仲野良 安田周平
中矢利子
ムサシ
39 8月24日 ジョーイ
40 8月31日 中矢利子 スイレン
41 9月7日 マーマネ
42 9月14日 浅田裕二 安田周平 サトシ
43 9月21日 川越一生
44 10月5日 松田真路 鈴木敦 松田真路 リーリエ
45 10月12日 中矢利子 中野悟史 ロトム図鑑
46 10月19日 カキ
47 10月26日 サトシ
48 11月2日 ロトム図鑑
49 11月9日 高橋優 松田真路 コジロウ
50 11月16日 鈴木敦 ロトム図鑑
51 11月23日 ハラ
52 11月30日 ニャース
53 12月7日 中矢利子 中野悟史 ロトム図鑑
54 12月14日 サトシ

放送局編集

プラネタリウム編集

ポケットモンスター サン&ムーン プラネタリウム
2017年製作。コニカミノルタ製作のプラネタリウム映画。上映時間29分。全天周CG+アニメーション。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ クレジット上では「原案」と表記。
  2. ^ シリーズ全体としては1997年4月1日から(テレビ東京系の場合)。
  3. ^ 現時点ではストーリー上の繋がりは明言されていないが、第20話でサトシがオーキド研究所でピカチュウを貰ったことをピカチュウに語ったり、第29話でキャンプ初心者のリーリエに驚いたりする等、これまでのサトシの旅の経験を生かしてると思われる発言や行動もある。また劇中BGMも前作までのものをアレンジして使用している等、所々に前作との繋がりを思わせる部分は存在している。42、43話で再登場したタケシがポケモンドクターの研修生をしていたり、カスミとタケシがメガシンカを使っていたりする為、時系列上はBW編から繋がっている事が明らかになっている。
  4. ^ 遅れネット局では前作と同様に、30分編成で放送される。
  5. ^ シリーズ放送開始以来、サトシが初めて学校に通うことになる。
  6. ^ ロトム図鑑、カキ、マオ、スイレン、マーマネ、ククイ博士、ナリヤ・オーキドを含む。
  7. ^ BW編でも一部のキャラクターのデザインが変更されたが、今回は大幅に変更された。
  8. ^ 第16話のみ最初に飛ばされた時はキテルグマが昼寝していたため「やな感じ~!」となったが、その後飛ばされた先に現れたキテルグマに連れ去られて「何この感じ〜⁉︎」となった。
  9. ^ 現時点では第42話(カントー地方において、ロケット団がキテルグマに連れ去られた直後に彼らが乗っていたニャース型巨大メカの残骸の中から現れた)・第43話(終盤で飛行機の上に寝たままでアローラ地方にへと向う)・第45話(すでにアローラ地方に辿り着いており、とあるカラオケルームで歌を歌っていた)に登場。
  10. ^ 過去作ではゲーム版の女主人公あるいはジムリーダーがメインヒロインとなっていたが、それ以外のゲーム版の登場人物がヒロインとなるのはアニメシリーズ初となる。
  11. ^ タケシデントシトロンが該当。この内、タケシはカスミと共に第42話・第43話に登場。サトシ達と同じくキャラクターデザインが大幅に変更されているが、衣装は無印編当時の物となっている。
  12. ^ ただし「キャプテン」のうち、ゲーム版で主人公と一番最初にバトルした「ノーマルタイプのキャプテン」イリマや、ゲームで「ライバル」として、事あるごとにバトルを仕掛けてきたハウなどの一部ゲームキャラはアニメ版には登場していない。
  13. ^ 前2作の悪の組織(プラズマ団、フレア団)は各シリーズの第2シーズン(BW2、XY&Z)まで登場していなかった。
  14. ^ 武隈は本作が声優デビュー作である。
  15. ^ 第43話は作画監督と兼任のため、ノンクレジット。

出典編集

関連番組編集

外部リンク編集

テレビ東京系列 木曜18:55 - 19:25枠
前番組 番組名 次番組
ポケットモンスター XY&Z
(2016年4月7日 - 2016年11月10日)
ポケットモンスター サン&ムーン
(2016年11月17日 - )
-