渡辺 高綱(わたなべ たかつな)は、戦国時代武将松平氏の家臣。徳川家康の功臣である渡辺守綱の父。

 
渡辺高綱
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄7年1月11日1564年3月4日
別名 源五左衛門
主君 松平広忠家康
氏族 三河渡辺氏
父母 渡辺氏綱都筑忠政の娘
兄弟 高綱興綱
渡辺義綱の娘
守綱政綱
テンプレートを表示

生涯編集

三河国額田郡浦部村の武士。代々松平氏に従い、自身も松平広忠・家康の2代に仕えた。天文16年(1547年上野城攻撃の際に先鋒を務めて武功があった。弘治2年(1556年奥平氏日近城攻撃で松平義春を助けて武功があった。永禄6年(1563年)子の守綱らとともに三河一向一揆に与し、翌年針崎一揆に加わって戦死した。

出典編集

  • 「寛政重修諸家譜」巻第477