メインメニューを開く

温井 景隆(ぬくい かげたか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将能登畠山氏の家臣。

 
温井景隆
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年6月24日1582年7月13日
官位 兵庫助備中
主君 畠山義綱義慶義隆春王丸
氏族 温井氏
父母 父:温井続宗
兄弟 景隆三宅長盛長綱連正室

藤原北家利仁流温井氏能登国国人で、現在の輪島を領していた。

弘治元年(1555年)、祖父・温井総貞が主君・畠山義綱によって討たれると、温井一族は反乱を起こすが敗れて加賀国へ逃亡した。永禄9年(1566年)、義綱とその父・義続が重臣らによって追放されると帰参し、年寄衆に列して再び重臣となる。

天正5年(1577年)、上杉謙信の大軍に七尾城を囲まれると、続光と協力して親織田派の長続連らを殺害し、謙信に内応した。しかし謙信の死後、織田軍の侵攻に遭って能登を追われる。天正10年(1582年)、本能寺の変により織田信長が没すると、復権を目指して上杉景勝の支援のもと能登へ侵攻したが、佐久間盛政前田利家の反撃に遭って殺された。

関連項目編集