メインメニューを開く

畠山 義慶(はたけやま よしのり)は、能登戦国大名。能登畠山氏当主。畠山義綱の嫡男である。

 
畠山 義慶
時代 戦国時代
生誕 天文23年(1554年
死没 天正2年(1574年
改名 次郎(幼名)→義慶
戒名 興性寺殿桂岳徳林大禅定門
幕府 室町幕府能登守護
主君 足利義栄義昭
氏族 畠山氏能登畠山家
父母 父:畠山義綱、母:不明
兄弟 義慶義隆

生涯編集

天文23年(1554年)、畠山義綱の嫡男として生まれる。

永禄9年(1566年)に永禄九年の政変にて祖父畠山義続・畠山義綱が重臣たちによって追放されると、遊佐続光長続連八代俊盛らに、元服前の義慶が傀儡君主として擁立された。しかし元亀2年(1571年)に修理大夫に任じられたり、天正元年(1573年)には能登の一宮気多大社造営の棟札に義慶の名が見えるなど(現在でも石川県羽咋市に現存)、その行動が知られる。

天正2年(1574年)に急死した。この死因病死説もあるが、暗殺されたとも言われる。暗殺説の実行犯については遊佐続光と温井景隆が有力である。跡をの畠山義隆が継いだ。

以上が定説となっているが、十分な資料が残されていないため、仮説の域を出ていない。現在も弟の畠山義隆との同一人物説があり、まだ完全に否定されていない。

偏諱を与えた家臣編集