メインメニューを開く

港家 小柳丸(みなとや こりゅうまる)は、浪曲名跡

初代編集

港家 小柳丸1895年6月13日 - 1935年6月10日)本名、栗原留吉。本所緑町(現・東京都墨田区)出身[1]。桶製造業の家に生まれる。弟にはコメディアン堺駿二歌手堺正章の父)がいる。近所に寄席が近かった事から幼少の頃から寄席通いをし10代の頃から天狗連として活動する。後に港家柳蝶の弟子になり小蝶を名乗る。後に小柳、小柳丸と相次いで改名した。「亀甲組」等の任侠物を得意とした。昭和4年の新聞には、「10歳で港家に弟子入りし、13歳で早くも真打になるなど天才肌だったが、突然旅に出たり大酒で席を抜くなど破天荒で知られる一方、桶屋の父親が亡くなった際には自宅や貸家を売り払って盛大な葬儀をした」とあり、台東区橋場の古刹「保元寺」に墓所を構えるなど孝行者としても知られた[1]。『深川裸祭』を十八番とするなど端物(一話完結の短いもの)の名人として大正から昭和初期にかけて人気を博した[1]。弟子には4代目港家小柳等多数いた。小柳は師匠のために桶屋を主人公とした話を作った[1]

2代目編集

3代目編集

港家 小柳丸1924年10月10日 - 2007年10月20日)茨城県水戸市出身。1939年鶴乃一声に入門し、若声。船橋市の松川亭で「国定忠治」を読み初舞台。その後「一若」。戦後、2代目玉川次郎の一門に移り、喜一朗と改名。1975年(昭和50年)1月27日歌舞伎座浪曲大会で3代目湊家小柳丸を襲名披露。名古屋を本拠地に、長く中京浪曲協会会長を務めた。[2]

4代目編集

港家 小柳丸1962年 - )山口県出身。母が港家小柳壌、父が東家秀若という浪曲一家。 4代目港家小柳や母の港家小柳壌、4代目東家三楽に師事。 はじめ港家燕雀の名で初舞台を踏み、のちに港家若柳を経て1987年に東家若燕を襲名。 東家若燕から2018年10月襲名[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d NHK『ファミリーヒストリー』「堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~」2019年1月14日
  2. ^ 芦川淳平 『浪曲の神髄 : 日本人の魂の叫びが聞こえる : 附・浪曲脚本事典』 p.
  3. ^ 浪曲:富士路子が五代目東家三楽、東家若燕が四代目港家小柳丸を襲名へ - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180604/dde/018/040/045000c