メインメニューを開く

湊 顯湊 顕、みなと あきら、1905年明治38年) - 1992年平成4年))は、日本薬学者薬学博士。専門は臓器薬化学。北海道薬科大学初代学長千葉大学名誉教授岩手県生まれ。

1930年昭和5年)東京帝国大学医学部薬学科卒業。同年、同医学部助手1937年(昭和12年)東京薬学専門学校講師1942年(昭和17年)千葉医科大学薬学専門部教授1951年(昭和26年)千葉大学薬学部教授。1962年(昭和37年)同薬学部長。1974年(昭和49年)千葉大学停年退官。同名誉教授。北海道薬科大学初代学長に就任。1984年(昭和59年)北海道薬科大学退職。

1942年 東京大学薬学博士。論文の題は「海龜油の研究」[1]

受賞歴編集

著書編集

  • ホルモン』(河出書房、1948年)
  • 『新生化学実験』(南山堂、1959年初版・1962年訂正第2版)

参考文献編集

先代:
-
北海道薬科大学学長
初代: 1974年 - 1984年
次代:
木島正夫

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース