湯山 弥五右衛門(ゆやま やごえもん、慶安3年(1650年) - 享保2年11月30日1718年1月1日))は、江戸時代中期の治水[1]

経歴・人物編集

相模国足柄上郡川村山北(現:神奈川県足柄上郡山北町)で代々名主を務める湯山家に生まれる[2]。父は理右衛門[2]元禄16年(1703年)の元禄地震宝永4年(1707年)の宝永大噴火による用水破壊による洪水で荒廃した村のため、同6年(1709年幕府勘定奉行中山時春皆瀬川の流路変更を願い出たが、多大な費用を必要とするとし不許可となる[2]。しかし、幕府へ訴えた結果、同年11月許可[2]伊勢国津藩藤堂氏による御手伝普請が行われ、酒匂川本流に通じる堀割工事を完成[2]。これにより村は復興した。

大正13年(1924年)、従五位を追贈された[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『湯山弥五右衛門』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『湯山弥五右衛門』 - コトバンク
  3. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.