メインメニューを開く

湯檜曽川

日本の群馬県の川

湯檜曽川(ゆびそがわ)は、群馬県利根郡みなかみ町を流れる一級河川[1]である。利根川水系の支流。「湯檜曽川本谷」は日本百名谷

湯檜曽川
Yubiso River view from Doai Bridge.jpg
土合橋より見下ろす
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
水源 朝日岳みなかみ町
水源の標高 1,945 m
流路 群馬県利根郡みなかみ町
流域 群馬県利根郡みなかみ町
テンプレートを表示

地理編集

 
土合砂防堰堤
(通称:湯吹の滝)
 
湯檜曽温泉

水源は上信越高原国立公園指定地域の朝日岳である。上流域に谷川連峰(谷川岳一ノ倉岳茂倉岳武能岳七ツ小屋山笠ヶ岳白毛門)があり、本谷と抱返り沢・大倉沢の合流する十字峡など滝と紅葉の名所でもある。下流域には、湯檜曽駅湯檜曽温泉がある。

災害・事故編集

湯檜曽川ではしばしば鉄砲水による災害が発生している[2]2000年(平成12年)8月6日には合宿で訪れていた少年サッカーチーム一行が鉄砲水に襲われ、1名が死亡した[3]

並行する交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 県内の一級河川一覧”. 群馬県. 2018年1月11日閲覧。
  2. ^ ほしの (2015年7月21日). “2015.07.21 午前8時ごろの利根川(大渡橋)”. 群馬漁業協同組合. 2018年1月12日閲覧。
  3. ^ 宮澤清治 (2006年). “『消防科学と情報』2006年秋号 宮澤清治の防災歳時記 「ねこまくり」に襲われた”. 消防防災博物館. 2018年1月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集