メインメニューを開く

湯浅氏(ゆあさし)は、日本の氏姓の一つ。武家としては、主に以下のようなものが挙げられる。

清和源氏 足利氏一門桃井氏庶流 湯浅氏編集

清和天皇を祖とする清和源氏の大族 河内源氏嫡流 足利氏一門 桃井氏の子孫に湯浅氏がある[1]榛東村山子田の姓[1]。 清和源氏の足利義兼の子桃井義胤桃井氏の祖となり、義胤四世桃井尚義の孫の桃井義盛の弟、河内守貞職が母方の湯浅姓を名乗ったという(『湯浅家系図』)[1]。山子田御堀に中世の館跡があり、本家はこの一角に居を構え、今でも御掘の家といわれる[1]。 代々名主で榛名山中腹のに仕え、吾妻山吾妻神社を奉祀、祭祀も司る[1]。一族からは、1868年明治元年)、新七が山子田の戸長、1898年(明治31年)弥内が桃井村長、1973年昭和48年)寿男が榛東村長をつとめた[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 群馬 1994, p. 672.

参考文献編集

  • 群馬県姓氏家系大辞典編纂委員会 『群馬県姓氏家系大辞典』、竹内理三ほか編 角川書店〈角川日本姓氏歴史人物大辞典 ; 10〉、1994年12月。ISBN 4040021002