メインメニューを開く
 
源仕
時代 平安時代中期
生誕 寛平3年(891年
死没 天慶5年(942年
改名 源仕→箕田仕
官位 従五位上武蔵守修理大夫
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源昇
兄弟 是茂、適、、後、衆望 、藤原時平室、貞子、醍醐天皇更衣
テンプレートを表示

源 仕(みなもと の つこう)は、平安時代中期の軍事貴族大納言源昇の次男。官位は従五位上武蔵守修理大夫

略歴編集

嵯峨源氏源融の孫。の父であり、後に渡辺氏の祖となる渡辺源次綱の祖父にあたる。

武蔵国の国司として、関東に下向し、仕、宛、綱三代にわたる箕田源氏の基礎を築いた。