メインメニューを開く

源 建(みなもと の たける/たつる)は、平安時代前期の貴族嵯峨源氏参議源明の子。官位従五位上相模介

 
源建
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上相模介
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源明
兄弟 、遠
テンプレートを表示

経歴編集

清和朝半ばの貞観9年(867年従五位下叙爵左京権亮を経て、陽成朝元慶2年(878年上野権介に任ぜられ地方官に転じ、任期後の元慶6年(882年)に従五位上に叙されている。

元慶8年(884年)2月に陽成天皇光孝天皇に譲位した際には固関使鈴鹿関)を務め、3月に兵部少輔に任ぜられた。翌元慶9年(885年大蔵大輔に遷るが、仁和3年(887年相模介として再び地方官に転じた。

官歴編集

日本三代実録』による。

参考文献編集