源経長

日本の平安時代の公家、源道方の四男
 
源経長
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛弘2年(1005年
死没 延久3年6月6日1071年7月5日
別名 正字:經長
官位 正二位権大納言
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:源道方、母:源国盛の娘
兄弟 経長経親経信経隆、円信
養子:道良
テンプレートを表示

源 経長(みなもと の つねなが)は、平安時代中期から後期にかけての公卿宇多源氏権中納言源道方の四男。官位正二位権大納言

経歴編集

寛仁4年(1020年雅楽助に任ぜられ、治安2年(1022年)に後一条天皇蔵人に補任。治安3年(1023年式部少丞に任官する。

治安4年(1024年従五位下叙爵左馬助に叙任される。万寿2年(1025年少納言に任ぜられ、万寿4年(1027年)従五位上に叙せられる。長元2年(1029年)には五位蔵人となり、長元3年(1030年左少弁に任官。紀伊権守・防鴨河使を兼ねた。長元5年(1032年)権中納言・藤原資平の次男・資仲元服の際には理髪を務めている[1]。長元6年(1033年)従五位上・斎院長官に叙任。長元8年(1035年和泉守を兼ね、右中弁に昇進。

長元9年(1036年従四位下、続いて従四位上に叙せられる。長暦2年(1038年)権左中弁に転じ、正四位下に昇叙。長暦3年12月(1040年1月)に左中弁となり、長久2年(1041年)に左京大夫伊予権守周防権守を兼帯した。長久3年(1042年蔵人頭宮内卿を経て、長久4年(1043年参議に任ぜられて公卿に列した。

寛徳元年(1044年従三位美作権守に叙任される。寛徳2年(1045年)には右大弁を兼任。永承2年(1047年正三位勘解由長官に叙任された。永承4年(1049年近江権守を兼ねる。永承5年(1050年従二位・左大弁に叙任され、播磨権守備後権守を兼帯。天喜6年(1058年)兼職を辞任して権中納言に任ぜられた。

康平6年(1063年)正二位に叙せられる。皇后宮大夫中宮大夫を経て、延久元年(1069年皇太后宮大夫に任官。同年権大納言に至るが、延久3年(1071年)4月に病のため出家し、同年6月6日に67歳で薨去した。

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 寛仁4年(1020年)11月29日:雅楽助に任ず。
  • 治安2年(1022年)4月3日:蔵人に補す。
  • 治安3年(1023年)3月29日:式部少丞に任ず。
  • 治安4年(1024年)/万寿元年
    • 正月7日:従五位下に叙す(皇太后宮御給)。
    • 9月18日:左馬助に任ず。
  • 万寿2年(1025年)正月30日:少納言に任ず。
  • 万寿4年(1027年)正月5日:従五位上に叙す(少納言労)。
  • 長元2年(1029年)正月5日:五位蔵人に補す。
  • 長元3年(1030年
    • 正月26日:紀伊権守を兼ぬ。
    • 11月5日:左少弁に任ず。
  • 長元5年(1032年)7月20日:防鴨河使を兼ぬ。
  • 長元6年(1033年
    • 正月7日:正五位下に叙す。
    • 4月2日:斎院長官に任ず。
  • 長元8年(1035年
    • 正月30日:和泉守を兼ぬ(蔵人巡)。
    • 10月16日:右中弁に転ず。
  • 長元9年(1036年
    • 正月7日:従四位下に叙す。
    • 2月27日:従四位上に叙す(去年中宮行啓斎院賞追申之)。
    • 4月18日:斎院長官を止む。
  • 長暦2年(1038年
    • 6月25日:権左中弁に転じ、和泉守を辞す。
    • 12月21日(1039年1月18日):正四位下に叙す(行幸春日社行事賞)。
  • 長暦3年12月16日(1040年1月2日):左中弁に転ず。
  • 長久2年(1041年
    • 正月23日:左京大夫・伊予権守を兼ぬ。
    • 3月27日:周防権守を兼ぬ。
  • 長久3年(1042年
    • 正月29日:蔵人頭に補す。
    • 10月27日:宮内卿を兼ぬ。
  • 長久4年(1043年)9月19日:参議に任ず。
  • 長久5年(1044年)/寛徳元年
    • 正月30日:美作権守を兼ぬ。
    • 12月14日(1045年1月4日):従三位に叙す(為弁官之時造宮行事)。
  • 寛徳2年(1045年)10月23日:右大弁を兼ね、左京大夫を辞す。
  • 永承元年(1046年)9月3日:次第司長官に補す。
  • 永承2年(1047年
    • 4月23日:正三位に叙す(石清水賀茂行幸行事賞)。
    • 11月13日:勘解由長官を兼ぬ。
  • 永承4年(1049年)2月5日:近江権守を兼ぬ。
  • 永承5年(1050年
    • 9月17日:左大弁に転ず。
    • 10月13日:従二位に叙す(上東門院。院司賞)。
  • 永承7年(1052年)2月26日:播磨権守を兼ぬ。
  • 天喜4年(1056年)2月3日:備後権守を兼ぬ。
  • 天喜6年(1058年)4月25日:権中納言に任じ、右大弁・備後権守を辞す。
  • 康平2年(1059年)2月8日:勅授帯剣。
  • 康平4年(1061年)9月19日:勅授帯剣。
  • 康平6年(1063年)11月9日:正二位に叙す(旧年石清水行幸行事賞)。
  • 治暦元年12月8日(1066年1月8日):皇后宮権大夫を兼ぬ。
  • 治暦2年(1066年)12月8日:皇后宮大夫に転ず。
  • 治暦4年(1068年
    • 4月17日:中宮大夫を兼ぬ。
    • 9月3日:大嘗会装束司長官に補す。
  • 延久元年(1069年
    • 7月3日:皇太后宮大夫を兼ぬ。
    • 8月22日:権大納言に任ず。
  • 延久3年(1071年
    • 4月9日:病に依り職を辞す。
    • 6月6日:薨去。享年67。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 小右記長元5年11月26日条。