メインメニューを開く

源道方

日本の平安時代の公家、源重信の五男
 
源道方
時代 平安時代中期
生誕 安和元年(968年
死没 長久5年9月25日1044年10月18日
官位 正二位権中納言
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:源重信、母:源高明の娘
兄弟 致方相方道方宣方乗方藤原隆家
源国盛の娘
経長経信経親経隆、円信
テンプレートを表示

源 道方(みなもと の みちかた)は、平安時代中期の公卿宇多源氏左大臣源重信の五男。官位正二位権中納言

経歴編集

安和2年(969年)に安和の変により祖父・源高明が失脚するが昇進には大した影響はなく、一条朝の寛和2年(986年)に19歳で従五位下叙爵永延元年(987年)に侍従、翌年正月に右兵衛権佐を兼ねる。永祚2年(990年)に少納言となり、次いで従五位上・紀伊権介を兼ねる。正暦6年(995年)に五位蔵人となり、長徳4年(998年正五位下左少弁次いで右中弁長保2年(1000年)に従四位下に叙され、同年の内に従四位上に昇る。

長保3年(1001年信濃権守権左中弁、翌長保4年(1002年)に宮内卿を兼ね、寛弘元年(1004年正四位下となり、翌寛弘2年(1005年)に左中弁に転じる。寛弘4年(1007年)4月に備中権守を兼ね、同年5月蔵人頭となり7月に正四位上に叙される。寛弘6年(1009年)右大弁に転じ、播磨守を兼ねる。

三条朝に入り、寛弘8年(1011年勘解由長官、翌年左大弁となった後、長和元年(1012年参議に任じられ、公卿に列す。長和2年(1013年)に従三位次いで正三位に昇り、翌長和3年(1014年)に美作守を兼ねる。後一条朝の寛仁2年(1018年)に従二位、翌年伊予権守を兼ね、寛仁4年(1020年)に権中納言となるがその後の昇進は停滞する。長元2年(1029年)に大宰権帥正二位、長元8年(1035年)に民部卿に遷る。

長元9年(1036年後朱雀天皇大嘗祭の御禊装束司長官に任じられ、長久5年に薨去。享年77。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 醍醐源氏出身

参考文献編集