源氏二十一流 > 宇多源氏

宇多源氏(うだげんじ)は、第59代宇多天皇皇子諸王を祖とする源氏氏族で、賜姓皇族の一つ。姓(カバネ)は朝臣。源姓では清和源氏嵯峨源氏などと並び称されて著名である。

宇多源氏
家紋
角立て四目結い
(代表的な家紋
※ 各氏によって異なる。
本姓 朝臣
家祖 第59代宇多天皇皇子諸王
種別 皇別
出身地 山城国
著名な人物 佐々木秀義
佐々木定綱
佐々木盛綱
佐々木高綱
佐々木義清
佐々木高氏
支流、分家 源雅信後裔
公家
 庭田家羽林家
 綾小路家(羽林家)
 五辻家半家
 大原家(羽林家)
 慈光寺家(半家)
 春日家地下家

武家
 近江源氏
 出雲源氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

源氏には祖とする天皇別に21の流派(源氏二十一流)があり、宇多源氏はそのうちの一つで宇多天皇から分かれた氏族である。宇多天皇の皇子のうち、第8皇子敦実親王の3男・雅信王が、承平6年(936年)に臣籍降下して朝臣の姓を賜い源雅信と称した。公家華族としては、庭田家羽林家)・綾小路家羽林家)・五辻家半家)・大原家羽林家)・慈光寺家半家)などが繁栄し、武家としては、源雅信の4男、源扶義の子孫の佐々木氏は、近江国本貫として繁栄し、嫡流六角氏京極氏と分流して近江源氏と称されて繁栄した。

また、佐々木秀義の5男、佐々木義清承久の乱以降、隠岐国出雲国の両国を賜い、彼地に下向して繁栄し出雲源氏と呼ばれる武士団を形成した。

祭事編集

  • 近江源氏祭(10月

系譜 編集

凡例
・実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係で表記している。
・可能な限り実名()で記してある。
・基本的に男のみ記した。
敦実親王
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━┓
雅信                                                 重信  寛信
┣━━━┳━━┳━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━┳━━━━━━━━━┳━━━┓   ┣━━━┳━━━┳━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
源時中 済信 源時通 源時叙               源扶義 源済時       源通義 源時方 源致方 源相方 源道方 源宣方            源乗方
┣━━━┳━━━┳━━━┳━━━┳━━━┳━━━┓    ┃             ┃        ┃       ┣━━━┳━━━┳━━━┳━━━┓  ┃
源済政 源信時 源重時 源惟時 源朝任 源則孝 源経相  源成頼           源雅通     源経信     源経長 源経信 源経親 源経隆 円信 源親方
┃                            ┣━━━━━┳━━━┓    ┃       ┃       │   ┣━━━┳━━━┳━━━┓
源資通                          佐々木義経 源宗頼 源成経 源雅孝     源俊頼     源道良 源道時 源基綱 源俊頼 信証
┣━━━┳━━━┳━━━┳━━━┓                                  ┃
源師賢 源政長 源成仲 源師俊 源為忠                                俊恵
┏━━━┫
源忠政 源有賢
┏━━━╋━━━┳━━━┓
源資賢 源宗賢 源資長 源頼任
┣━━━┳━━━┳━━━┳━━━┳━━━┓
源通家 源時賢 源仲賢 源信賢 源資時 源賢祐
┃   ┣━━━┓
源雅賢 源有資 源資信
┃   ┣━━━┓
源有雅 源経資 源信有

主な氏族編集

主な人物編集

参考文献編集

関連項目編集