メインメニューを開く

源 親弘(みなもと の ちかひろ)は、平安時代末期の武士中務丞源頼治(宇野冠者)の子。陸奥守源頼俊の孫にあたる。官位対馬守下野権守(『保元物語』によれば下野守)。摂津国豊島郡に住し「豊島権守」と号した。後に宇野頼弘と改名したという。

 
源親弘
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 不明
改名 源親弘→宇野頼弘
別名 豊島権守
官位 対馬守下野権守/下野守
氏族 大和源氏
父母 父:源頼治
兄弟 頼隆頼賢親弘親通
親治基親基弘基重親満
伊予内侍、源義重正室ら

略歴編集

本貫の地であった大和国宇野荘は子・親治との不和によりその弟妹に譲渡していたが、相論の末、久寿2年(1155年)に宣旨によって親治の知行が認められた。これにより親治は同荘を醍醐寺三宝院勝尊に寄進し、自ら知行安泰を図っている。

子孫は大和と摂津に分かれ、それぞれ宇野氏岑田氏豊島氏となった。伊予国大森氏の一族の大森彦七は親弘の玄孫と称した。

系譜編集