豊島郡 (大阪府)

大阪府豊島郡の位置

豊島郡[1](てしまぐん)は、大阪府摂津国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる[2]

  • 池田市の全域
  • 豊中市の大部分(上新田・新千里各町を除く)
  • 箕面市の大部分(小野原各町・粟生各町・彩都粟生南・彩都粟生北を除く)
  • 吹田市の一部(江坂町、円山町、垂水町、広芝町、江の木町より南西および山手町・千里山西・千里山東の各一部)

歴史編集

古代編集

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
豊島郡 5座(大2座・小3座)
為那都比古神社 二座 イナツヒコノ
ヰ-
為那都比古神社 大阪府箕面市石丸
細川神社 ホソカハノ 細川神社 大阪府池田市吉田町
垂水神社 タルミノ 名神大 月次新嘗 垂水神社 大阪府吹田市垂水町 [1]
阿比太神社 アヒタノ 月次新嘗 阿比太神社 大阪府箕面市桜ヶ丘 [2]
凡例を表示

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領[4] 10村 ●上止々呂美村、伏尾村、東山村、木部村、才田村、吉田村、穂積村、上津島村、今在家村(現・豊中市)、岡町村[5]
旗本領 11村 尊鉢村、西小路村、平尾村、西市場村、福井村、岡山村、島江村、菰江村、三屋村、野田村、牛立村
一橋徳川家 15村 中川原村、古江村、新稲村、如意谷村、東坊島村、西坊島村、白島村[6]、石丸村、外院村、瀬川村、今宮村、西宿村、芝村、東稲村、西稲村
幕府領・旗本領 6村 牧落村、熊野田村、島田村、洲到止村、庄本村、榎坂村
幕府領・旗本領・一橋徳川家 1村 原田村[7]
旗本領・一橋徳川家 1村 神田村[8]
藩領 摂津麻田藩 11村 上渋谷村、東市場村、井口堂村、野村、玉坂村、石橋村、麻田村、宮ノ前村、轟木村(現・池田市)、中之島村、産所村
上総飯野藩[9] 8村 轟木村(現・豊中市)[10]、新免村、山ノ上村、小曽根村、長島村、浜村、北条村、石蓮寺村
武蔵岡部藩 2村 半町村、北刀根山村
備中岡田藩 1村 下止々呂美村
幕府領・藩領 幕府領・麻田藩 2村 下渋谷村、畑村
幕府領・飯野藩 2村 長興寺村、寺内村
幕府領・岡部藩 7村 内田村、少路村、野畑村、柴原村、南刀根山村、服部村、曽根村
幕府領・旗本領・岡部藩 3村 桜村、桜塚村、利倉村
幕府領・一橋徳川家・麻田藩 1村 箕輪村
旗本領・麻田藩 1村 今在家村(現・池田市)
旗本領・飯野藩 2村 走井村、勝部村
旗本領・飯野藩・岡部藩 1村 垂水村
その他 公家九条家・幕府領 1村 池田村
 
1.止々呂美村 2.細河村 3.池田町 4.秦野村 5.箕面村 6.萱野村 7.北豊島村 8.麻田村 9.豊中村 10.桜井谷村 11.熊野田村 12.中豊島村 13.南豊島村 14.庄内村 15.小曽根村 16.豊津村(紫:豊中市 桃:池田市 水色:吹田市 赤:箕面市 21 - 27は能勢郡)
  • 慶応4年
    • 2月 - 幕府領・旗本領が大坂裁判所司農局の管轄となる。
    • 4月 - 岡部藩が藩庁を移転して三河半原藩となる。
    • 5月2日1868年6月21日) - 大坂裁判所司農局の管轄地域が大阪府司農局の管轄となる。
    • 6月8日(1868年7月27日) - 大阪府司農局の管轄地域が大阪府北司農局の管轄となる。
  • 明治2年
  • 明治3年(1870年
    • 3月 - 一橋徳川家領が兵庫県の管轄となる。
    • 10月14日(1870年11月7日) - 飯野藩領が兵庫県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治8年(1875年4月30日 - 大区小区制の大阪府での施行により、豊島郡が第10大区となる。
  • 明治12年(1879年2月10日 - 郡区町村編制法の大阪府での施行により、行政区画としての豊島郡が発足。郡役所が池田村に設置。
  • 明治14年(1881年1月6日 - 郡役所が能勢郡役所と統合のうえ改称して「豊島能勢郡役所」となる。
  • 明治15年(1882年) - 2ヶ所存在した今在家村・轟木村がそれぞれ改称して南今在家村(現・豊中市)、北今在家村(現・池田市)、南轟木村(現・豊中市)、北轟木村(現・池田市)となる。
  • 明治16年(1883年) - 東稲村・西稲村が合併して稲村となる。(85村)
  • 明治20年(1887年) - 産所村が石橋村に合併。(84村)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。(1町15村)
    • 止々呂美村 ← 下止々呂美村、上止々呂美村(現・箕面市)
    • 細河村 ← 中川原村、吉田村、古江村、木部村、東山村、伏尾村(現・池田市)
    • 池田町(池田村が単独町制。現・池田市)
    • 秦野村 ← 畑村、上渋谷村、下渋谷村、才田村、尊鉢村(現・池田市)
    • 箕面村 ← 西小路村、牧落村、半町村、瀬川村、新稲村、平尾村、桜村(現・箕面市)
    • 萱野村 ← 東坊島村、西坊島村、稲村、西宿村、今宮村、芝村、如意谷村、石丸村、白島村、外院村(現・箕面市)
    • 北豊島村 ← 西市場村、野村、東市場村、玉坂村、井口堂村、北今在家村、北轟木村、宮ノ前村、中之島村、石橋村、神田村(現・池田市)
    • 麻田村 ← 麻田村、箕輪村、走井村(現・豊中市)
    • 豊中村 ← 新免村、南轟木村、山ノ上村、桜塚村、岡町村(現・豊中市)
    • 桜井谷村 ← 内田村、柴原村、少路村、南刀根山村、北刀根山村、野畑村(現・豊中市)
    • 熊野田村(単独村制。現・豊中市)
    • 中豊島村 ← 福井村、岡山村、曽根村、服部村、長興寺村(現・豊中市)
    • 南豊島村 ← 原田村、勝部村、利倉村、上津島村、南今在家村、穂積村(現・豊中市)
    • 庄内村 ← 野田村、菰江村、庄本村、洲到止村、島江村、牛立村、三屋村、島田村(現・豊中市)
    • 小曽根村 ← 小曽根村、浜村、長島村、北条村、寺内村、石蓮寺村(現・豊中市)
    • 豊津村 ← 垂水村、榎坂村(現・吹田市)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「豊島能勢郡役所」が管轄する各郡の区域をもって豊能郡が発足。同日豊島郡廃止。

脚注編集

  1. ^ 正字では「豊」は「豐」の方でウツワの意味はない。
  2. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。
  3. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  4. ^ 下記のほか、《桜村/外五ヶ村》立会、《牧落村/外三ヶ村》立会、《小路村/外五ヶ村》立会、《新免/轟木村》立会も記載。
  5. ^ 無高のため「旧高旧領取調帳」には記載なし。大坂町奉行が管轄。
  6. ^ 白島村・萱野土居開に分かれて記載。
  7. ^ 原田梨井村・原田南町村・原田角村(幕府領)・原田村(旗本領)・原田中倉村(幕府領・一橋徳川家領)に分かれて記載。
  8. ^ 神田村(旗本領)・北神田村・南神田村(幕府領)に分かれて記載。
  9. ^ 下記のほか、《新免/轟木村》立会も記載。
  10. ^ 記載は新免轟木村。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
豊能郡