メインメニューを開く

源 親治(みなもと の ちかはる)は、平安時代末期の武将下野権守源親弘の子。宇野七郎とも名乗る。大和源氏の祖・源頼親から数えて五代目にあたる。

 
源親治
時代 平安時代末期
生誕 永久4年3月3日1116年4月17日
死没 文治2年8月7日1186年9月21日
別名 宇野七郎
氏族 大和源氏
父母 父:源親弘
兄弟 親治基親基弘基重親満
伊予内侍、源義重正室ら
有治清治満治義治親家業治頼基季治

略歴編集

大和国宇智郡宇野荘に住した。久安元年(1145年)、興福寺の衆徒が金峰山寺を攻めた時には、金峰山側について戦った。保元元年(1156年)に勃発した保元の乱において、崇徳上皇藤原頼長方に加担。兵を率いて京に入ろうとするところを、警護にあたっていた敵方の平基盛に見咎められ、合戦の末に敗れて捕虜となる。本戦の間は獄舎に繋がれていたが、戦後赦免されて本拠の大和に帰された。これは、親治が大和国内で興福寺と対立関係にあることに目をつけた後白河天皇による、興福寺牽制のための政治的措置だったと言われている。治承4年(1180年)の以仁王の挙兵の際は、息子を源頼政に応じさせた。

後代、南北朝期の武将4代孫の大森彦七戦国期の武将土方雄久隈部親永などが親治の末裔を称している。

系譜編集

参考文献編集

  • 安田元久編『鎌倉・室町人名事典』(新人物往来社、1985年)584頁