メインメニューを開く
奈良県宇智郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

宇智郡(うちぐん)は、奈良県大和国)にあった

目次

郡域編集

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町2村のほか、下記の区域にあたる。

  • 五條市の一部(西吉野町各町・大塔町各町および畑田町の一部を除く)
  • 吉野郡大淀町の一部(佐名伝)

歴史編集

古代編集

編集

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 阿陁
  • 賀美
  • 那珂
  • 資母

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
宇智郡 11座(並小)
宇智神社 ウチノ 宇智神社 奈良県五條市今井町
阿陀比売神社 アタヒメノ 阿陀比売神社 奈良県五條市原町
荒木神社 アラキノ 荒木神社 奈良県五條市今井町
丹生川神社 ニフカハノ 丹生川神社 奈良県五條市丹原町
二見神社 フタミノ 二見神社 奈良県五條市二見町
宮前霹靂神社 ミヤサキノナルカミノ
-サクイカツチ
ハタタガミ
宮前霹靂神社 奈良県五條市西久留野町
火雷神社 ホノイカツチノ 火雷神社 奈良県五條市御山町
高天岸野神社 タカマキシノ 高天岸野神社 奈良県五條市北山町
落杣神社 ヲチソマノ
オ-
落杣神社 奈良県五條市黒駒町
高天山佐太雄神社 タカマノヤマサタヲノ 高天山佐太雄神社 奈良県五條市大沢町
一尾背神社 ヒトヲセノ 一尾背神社 奈良県五條市北山町
凡例を表示

近世編集

旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領五條代官所が管轄。○は村内に寺社除地[1]が存在。(60村)

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 28村 五條村、須恵村、近内村[2]、大島村、出屋敷村、中村、佐名伝村[3]、木ノ原村、新田村、南阿田村、小和村、新町村、樫辻村、西阿田村、釜窪村、二見村、岡村[4]、上之村、六倉村、大沢村、山田村、居伝村、○湯谷市塚村、原村、今井村、東阿田村、上中村、○下中村
旗本領 28村 犬飼村、畑田村、相谷村、三在村、西河内村、久留野村、○西久留野村、住川村、小山村、宇野村、小島村、大津村、○黒駒村、火打村、田殿村、八田村、大野村、○丹原村、生子村、大深村、山陰村、下之村、北山村、○車谷村、○霊安寺村、島野村、滝村、○野原村
幕府領・旗本領 4村 上野村、表野村、御山村、○牧村

近現代編集

町村制以前編集

  • 慶応4年
  • 明治3年(61村)
  • 明治4年11月22日1872年1月2日) - 第2次府県統合により、全域が奈良県の管轄となる。
  • 明治初年 - 岡村が分割して上岡村・南岡村となる。(62村)
  • 明治9年(1876年
    • 4月18日 - 第2次府県統合により堺県の管轄となる。
    • 上中村・下中村が合併して中之村となる。(61村)
  • 明治10年代 - 新田村が改称して阪合部新田となる。
  • 明治11年(1878年) - 上岡村・南岡村が合併して岡村となる。(60村)
  • 明治13年(1880年4月15日 - 郡区町村編制法の堺県での施行により、行政区画としての宇智郡が発足。五條村に「五條郡役所」が設置され、吉野郡とともに管轄したが、まもなく「宇智吉野郡役所」に改称。
  • 明治14年(1881年2月7日 - 大阪府の管轄となる。
  • 明治20年(1887年11月4日 - 奈良県(第2次)の管轄となる。

町村制以降編集

 
1.五條町 2.牧野村 3.北宇智村 4.宇智村 5.阿太村 6.野原村 7.南宇智村 8.阪合部村(紫:五條市 赤:吉野郡大淀町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・五條市。(2町12村)
    • 五條町 ← 五條村、須恵村、新町村、二見村、大島村
    • 牧野村 ← 中之村、上之村、北山村、大沢村、木ノ原村、畑田村、下之村、釜窪村、和歌山県伊都郡真土村[一部]
    • 北宇智村 ← 近内村、小和村、住川村、久留野村、居伝村、西久留野村、小山村、西河内村、出屋敷村
    • 宇智村 ← 今井村、岡村、三在村、宇野村、小島村、六倉村
    • 阿太村 ← 佐名伝村(現・吉野郡大淀町)、東阿田村、西阿田村、山田村、原村、大野新田、島野村、湯谷市塚村、車谷村、滝村、南阿田村、八田村(現・五條市)
    • 野原村 ← 野原村、牧村
    • 南宇智村 ← 霊安寺村、御山村、丹原村、生子村
    • 阪合部村 ← 相谷村、上野村、犬飼村、阪合部新田、中村、黒駒村、大野村、樫辻村、山陰村、表野村、火打村、大津村、田殿村、大深村
  • 明治24年(1891年9月24日 - 阿太村が分割され、一部(佐名伝・東阿田・西阿田・山田・原・大野新田)に大阿太村が、残部(島野・湯谷市塚・車谷・滝・南阿田・八田)に南阿太村がそれぞれ発足。(1町8村)
  • 明治30年(1897年8月1日 - 郡制を施行。郡役所が五條町に設置。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年11月3日 ‐ 野原村が町制施行して野原町となる。(2町7村)
  • 昭和27年(1952年)7月1日 ‐ 大阿太村の一部(佐名伝)が吉野郡大淀町に編入。
  • 昭和32年(1957年10月15日 ‐ 五條町・牧野村・北宇智村・宇智村・大阿太村・南阿太村・野原町・阪合部村が合併して五條市が発足し、郡より離脱。(1村)
  • 昭和34年(1959年1月1日 ‐ 南宇智村が五條市に編入。同日宇智郡消滅。

変遷表編集

脚注編集

  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 近内村・「近内村之内・大入作」に分かれて記載。
  3. ^ 東佐名伝村・西佐名伝村に分かれて記載。
  4. ^ 上岡村・南岡村に分かれて記載。
  5. ^ 同年4月27日(1868年5月19日)にかけて移管。

参考文献編集

関連項目編集