源 重宗(みなもと の しげむね、生没年不詳)は、平安時代後期の武将駿河源定宗(満政の嫡男・忠重の子)の子。母は大納言藤原斉信女。官位従五位下佐渡守(『尊卑分脈』)。八島氏(羽島氏)の祖。

 
源 重宗
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 八島重宗(はしましげむね)
官位 従五位下右兵衛尉佐渡守
氏族 清和源氏満政流(美濃源氏
父母 父:源定宗、母:藤原斉信
若狭源守忠
重実木田重長、重高、重時、重親
テンプレートを表示

経歴編集

美濃国方県郡付近を本拠としたものと推測される。承暦3年(1079年)6月、同国多芸郡において源国房摂津源氏)と合戦を繰り広げたことにから朝廷より召還を命ぜられるが、これに従わなかったため右兵衛尉を解任される。その後、源義家河内源氏)の追討を受け、9月に関白藤原師実に降伏したが重罪として左獄に下された(『為房卿記』『扶桑略記』)。子の重実、重時は鳥羽院四天王と呼ばれた(『尊卑分脈』)。 子孫には、八島氏•浦野氏•河辺氏•山田氏•葦敷氏•泉氏•足助氏•木田氏•開田氏らの諸族となって、その勢力は濃尾の間におよんだ。

系譜編集

参考文献編集

関連項目編集