源顕信

平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての公卿
 
源顕信
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 長承2年(1133年[1]
死没 承元元年(1207年
改名 国時→顕信
別名 國時、坊城顕信、正字:顯信
官位 正三位非参議治部卿
主君 近衛天皇後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇
氏族 村上源氏顕房流
父母 父:源信時、母:俊平の娘
兄弟 顕信、元雲、信遍、任遍
源雅国の娘、安芸守能成の娘
清信成信、顕基、信尊、静顕、顕子、女子
テンプレートを表示

源 顕信(みなもと の あきのぶ)は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての公卿村上源氏顕房流、越後守源信時の子。官位正三位非参議治部卿坊城を号す。

経歴編集

久安2年(1146年従五位下叙爵保元2年(1157年)従五位上に進み、永暦2年(1161年民部少輔応保2年(1162年)には少納言に任ぜられる。

永万2年(1166年正五位下左近衛少将に叙任される。仁安2年(1167年美作守を兼任。仁安3年(1168年従四位下嘉応2年(1170年)従四位上に叙される。承安2年(1172年播磨権介を経て、安元2年(1176年治部卿に任ぜられる。翌安元3年(1177年)には正四位下に陞叙され、寿永2年(1183年従三位に叙され公卿に列した。文治4年(1188年)の元日に奉仕した際には散位であった。

文治6年(1190年)美作権守に任ぜられる。建久2年12月(1192年1月)には正三位に叙されるが、建仁2年(1202年)に出家。承元元年(1207年)薨去。享年75。

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 久安2年(1146年)5月19日:従五位下に叙す(無品統子内親王去康治二年未給)。
  • 保元2年(1157年)10月22日:従五位上に叙す(父伊賀守信時造宮長橋廊賞譲)。
  • 永暦2年(1161年)8月13日:民部少輔に任ず。
  • 応保2年(1162年)正月27日:少納言に任ず(元民部少輔)。
  • 永万2年(1166年)正月12日:正五位下に叙す(少納言労)。4月6日:左近衛少将に任ず(元少納言)。
  • 仁安2年(1167年)正月30日:美作守を兼ぬ。
  • 仁安3年(1168年)正月5日:従四位下に叙す。
  • 嘉応2年(1170年)正月5日:従四位上に叙す(皇嘉門院仁安四年未給)。
  • 承安2年(1172年)正月23日:播磨権介を兼ぬ(少将兼國)。
  • 安元2年(1176年)正月30日:治部卿に任ず(元右少将)。
  • 安元3年(1177年)正月24日:正四位下に叙す。
  • 寿永2年(1183年)4月9日:従三位に叙す。治部卿如元。
  • 文治4年(1188年)正月1日:当時、散位[2]
  • 文治6年(1190年)正月24日:美作権守に任ず(卿労)。
  • 建久2年12月28日(1192年1月14日):正三位に叙す。
  • 建仁2年(1202年)5月27日:出家。

系譜編集

  • 父:源信時
  • 母:俊平の娘
  • 妻:源雅国の娘(?-1187)
  • 妻:安芸守能成の娘
    • 男子:顕基
  • 生母不明の子女

脚注編集

  1. ^ 猪隈関白記建仁2年5月27日条及び『尊卑分脈』による。『公卿補任』によると天承元年(1131年)生まれ。
  2. ^ 玉葉文治4年正月1日条