メインメニューを開く

源 信時(みなもと の のぶとき/さねとき)は、平安時代後期の貴族村上源氏顕房流、権中納言源国信の子。官位正四位下越後守

 
源信時
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 応保3年(1163年)6月
官位 正四位下越後守[1]
主君 近衛天皇
氏族 村上源氏顕房
父母 父:源国信、母:高階経成
兄弟 顕国国教雅国信時俊国、信顕、延信、仁信、信智、信子、俊子、女子
俊平娘
顕信、元雲、信遍、任遍
テンプレートを表示

経歴編集

備前守を経て、仁平2年(1152年)正月28日に伊賀守に任ぜられる[2]。その後さらに越後守に転じるなど主に各国の受領を歴任した。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈村上源氏下。
  2. ^ 山槐記仁平2年正月28日条。