源顕定
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 治安3年8月4日(1023年8月22日)
官位 従四位下(上)民部大輔
主君 三条天皇後一条天皇
氏族 村上源氏
父母 父:為平親王、母:源高明の娘
兄弟 憲定頼定、為定、顕定、婉子女王、具平親王妃、恭子女王、教定、敦定
源済の娘
資定、頼定、頼尊
テンプレートを表示

源 顕定(みなもと の あきさだ)は、平安時代中期の貴族村上天皇の第四皇子、一品式部卿為平親王の子。官位従四位下(上)民部大輔

経歴編集

六位蔵人侍従弾正大弼を歴任する。

長和5年(1016年)2月に嫥子女王斎宮となると斎宮別当に任ぜられるが[1]、7月20日に妄りに故障を申し立てたことから、藤原兼綱源親方と共に恐懼に処された[2]寛仁元年(1017年)に敦明親王皇太子を辞して、敦良親王(のち後朱雀天皇)が立太子されると東宮昇殿を聴された[3]

寛仁2年12月(1019年1月)に敦康親王が死去すると、その葬送の次第を母に伝達している。寛仁3年(1019年頭弁藤原定頼に嘲笑されるが、この際に定頼が摂政藤原頼通の発言を引き合いに出したことから、逆に定頼が頼通の勘気を受けて謹慎させられている[4]。その後、民部大輔に任ぜられ、位階従四位下[5](または上[6])に至った。

治安3年(1023年)8月4日卒去。享年は不明だが、兄の生年から45歳以下であったとみられる。

逸話編集

あるとき陣座五位蔵人藤原範国が職事(蔵人)として申文を受け取るため、上卿藤原実資がその申文を範国に読み上げていたところ、東の端にいた顕定は性器を露出した。範国はそれを見て噴き出したが、実資は奥の方にてそれが見えなかったためこれに激怒したため、その失態が奏上されてしまった。範国は恐れ慄いて事情を言えなくなってしまったが、顕定はそれを面白おかしく思っていたという[7]

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:為平親王
  • 母:源高明の娘
  • 妻:源済の娘
    • 男子:源資定(?-1070)
  • 生母不明の子女
    • 男子:頼定
    • 男子:頼尊

脚注編集

  1. ^ 左経記長和5年2月22日条
  2. ^ 御堂関白記長和5年7月20日条。
  3. ^ 左経記寛仁元年8月10日条
  4. ^ 『江談抄本』59
  5. ^ 『本朝皇胤紹運録』
  6. ^ 尊卑分脈』村上源氏
  7. ^ 江談抄』『今昔物語集