メインメニューを開く

溜田 剛士(ためだ つよし、1993年8月29日 - )は、日本プロボクサー長野県上田市出身。初代日本フェザー級ユース王者大橋ボクシングジム所属。かつてはヨネクラボクシングジムに所属していた[3]

溜田 剛士
基本情報
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-08-29) 1993年8月29日(25歳)
出身地 長野県上田市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 19
KO勝ち 17
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

目次

来歴編集

ボクシングを始めたきっかけは父の影響から[4]

2011年1月27日に後楽園ホールで吉田浩樹とフェザー級4回戦を戦い、1回1分10秒KO勝ちを収めてデビュー戦を白星で飾った[5]。同年11月3日に開催された「東日本新人王トーナメント決勝戦」で千波丈二と対戦して、判定負けでプロ初黒星を喫した[6]

その後引き分けを挟んで7連勝して2015年8月5日に後楽園ホールで行われた「スヴェンソン・エキサイトボクシング」にてマーク・ベルナルデスとフェザー級8回戦を戦い、7回2分21秒TKO勝ちを収めた[7]。この試合で東日本ボクシング協会から2015年8月度月間賞新鋭賞を受賞した[8]。また同月27日にJBCの発表した最新ランキングで初めてフェザー級日本ランク入りを果たす[9]

そして2017年8月22日に後楽園ホールで小坂烈と日本フェザー級ユース王座決定戦を行い、3回終了TKO勝ちを収めて初代日本フェザー級ユース王者となった[10]。なおこの試合はヨネクラジム所属選手の最後の試合であった[11]

2018年12月3日に後楽園ホールで行われた「第66回フェニックスバトル」にて日本スーパーバンタム級9位の丸田陽七太とフェザー級10回戦を行い、5回2分16秒TKO負けを喫した[12]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • プロボクシング - 25戦19勝4敗2分(17KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2011年1月27日 勝利 1R 1:10 KO 吉田浩樹(ライオンズ)   日本 プロデビュー戦
2 2011年4月1日 勝利 1R 0:23 TKO 吉本アラタ(コーエイ工業小田原)   日本 2011年東日本フェザー級新人王予選
3 2011年5月13日 勝利 1R 1:21 KO 佐藤克哉(ドリーム   日本 2011年東日本フェザー級新人王予選
4 2011年8月2日 勝利 4R 判定3-0 高橋拓海(マナベ   日本 2011年東日本フェザー級新人王予選
5 2011年9月28日 引分 4R 判定1-1 伊藤雅雪(伴流)   日本 2011年東日本フェザー級新人王予選
6 2011年11月3日 敗北 5R 判定0-2 千波丈二(勝又)   日本 2011年東日本フェザー級新人王決勝
7 2012年7月4日 勝利 5R 2:56 TKO 佐藤克哉(ドリーム)   日本
8 2012年12月3日 勝利 1R 1:32 TKO サンペット・ソーミーペット   タイ
9 2013年4月22日 勝利 2R 2:43 KO アディ・ウィグナ   インドネシア
10 2013年9月10日 勝利 2R 1:23 KO プラーカイ・シリモンコンジム   タイ
11 2014年1月28日 勝利 8R 判定3-0 ヒーロー・ティト   インドネシア
12 2014年5月27日 引分 3R 負傷 ジミー・パイパ   フィリピン
13 2014年10月14日 勝利 3R 1:48 TKO 花木銀造(岐阜ヨコゼキ)   日本
14 2015年3月17日 勝利 1R 2:20 KO 大橋健典角海老宝石   日本
15 2015年8月5日 勝利 7R 2:21 TKO マーク・ベルナルデス   フィリピン
16 2016年2月29日 勝利 2R 2:19 TKO ノーンディア・ソーバンカル   タイ
17 2016年4月22日 敗北 10R 判定0-3 シンピウェ・ベチェカ   南アフリカ共和国
18 2016年10月17日 敗北 8R 0:52 TKO 阿部麗也KG大和   日本
19 2017年8月22日 勝利 5R 判定3-0 小坂烈(真正   日本 日本フェザー級ユース王座決定戦
20 2017年10月2日 勝利 2R 1:42 KO アエカウィット・コンファン   タイ
21 2018年2月28日 勝利 5R 1:30 KO デッリヤ・クラムールウォング   タイ
22 2018年5月25日 勝利 3R 1:18 TKO リボ・レンクン   インドネシア
23 2018年8月17日 勝利 2R 1:33 KO アリエフ・ブレイダー   インドネシア
24 2018年12月3日 敗北 5R 2:16 TKO 丸田陽七太(森岡)   日本
25 2019年3月31日 勝利 6R 1:42 TKO レネリオ・アリザラ   フィリピン
26 2019年7月1日 - - - テイル渥美(渥美   韓国
テンプレート

脚注編集

  1. ^ DANGAN191 日本ユース初代王座決定トーナメント〔決勝〕1日目 Dangan
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】スーパーフェザー級 (58.97 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ ヨネクラ有終の美へ、溜田剛士が大役に気合い Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月22日
  4. ^ 溜田剛士(23=ヨネクラ) ボクシングモバイル
  5. ^ 2011年1月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ 尾川がMVP 帝拳4選手が優勝した東日本新人王戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2011年11月4日
  7. ^ 溜田剛士が無敗フィリピン選手にTKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月5日
  8. ^ 8月の月間MVPは竹中良、敢闘賞は伊藤雅雪 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月28日
  9. ^ 2015年8月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  10. ^ 溜田剛士が有終の美、ヨネクラ54年の歴史に幕 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月22日
  11. ^ さよならヨネクラジム!「日本の名門」が閉鎖を決めるまで”. 現代ビジネス(講談社) (2017年8月19日). 2019年5月28日閲覧。
  12. ^ 注目Fe級対決 丸田陽七太が溜田剛士に5回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月3日

関連項目編集

外部リンク編集