溝口 政勝(みぞぐち まさかつ)は、江戸時代前期の大名越後国沢海藩2代藩主。官位従五位下土佐守

 
溝口政勝
時代 江戸時代前期
生誕 慶長13年(1608年
死没 寛文10年1月28日1670年3月19日
改名 金十郎(幼名)→政勝
戒名 恵観浄智清香院
墓所 新潟市江南区沢海の大栄寺
官位 従五位下土佐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
越後沢海藩
氏族 溝口氏
父母 父:溝口善勝、母:前田長種娘・慶春院
兄弟 政勝助勝安勝信勝
正室:溝口宣勝娘・蝶姫
政良
テンプレートを表示

略歴編集

初代藩主・溝口善勝の長男として誕生した。幼名は金十郎。

寛永11年(1634年)、父の死去により跡を継ぐ。このとき、所領1万4000石から弟の助勝に3000石、直勝に1000石を分与した。後に嗣子なくして助勝が死去すると、もう一人の弟の信勝に2000石を与えた。

寛文10年(1670年)正月28日、63歳で死去し、跡を長男の政良が継いだ。法号は恵観浄智清香院。墓所は新潟市江南区沢海の大栄寺。

系譜編集