画像提供依頼:外観か正門の画像提供をお願いします。2020年10月

滋賀刑務所(しがけいむしょ)は、法務省矯正局大阪矯正管区に属する刑務所。下部機関として彦根拘置支所の1か所の支所を持つ。敷地面積は6万3,000平方メートル[1]

所在地編集

収容分類級編集

  • YA級
  • A級

刑期10年未満の犯罪傾向が進んでいない男性受刑者を受け入れる[1]

収容定員編集

  • 615人

沿革編集

1876年明治9年)に仮懲役場として設置され、1922年大正11年)から「滋賀刑務所」として運用が始まる[1]。現在の位置になったのは1966年昭和41年)[1]。それまでは膳所城址の堀の中を大津市丸の内町として滋賀刑務所が設置されており、庁舎、獄舎の他、官舎も30棟と集会場の武徳殿が置かれていた。敷地外の膳所城址は現在本丸公園として存在している。受刑者数の減少や建築物の老朽化を背景に、法務省は滋賀刑務所を2022年(令和4年)3月で廃止し、京都刑務所などに統合すると発表した[1]。跡地の一部は未決囚を収容する拘置支所を新設する見通しであるが、そのほかの部分については用途が定まっていない[1]

組織編集

所長の下に2部1課を持つ2部制である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇担当、企画担当)
  • 医務課

脚注編集

外部リンク 編集

座標: 北緯34度57分28.2秒 東経135度53分35.9秒