澤宣種
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 弘化4年4月29日1847年6月12日[1]
死没 不詳
主君 明治天皇
氏族 澤家
父母 父:澤為量、養父:澤宣嘉
兄弟 藤子、延子、宣種、忠子、岩倉久子
松平里子(松平斉韶の娘)
養子:宣量
テンプレートを表示

澤 宣種(さわ のぶたね)は、幕末公家明治期の華族

経歴編集

参議澤為量の三男として生まれる[1]。父の養嗣子となっていた澤宣嘉の養子となる(更に宣嘉の嫡男・宣量を養子とした)[1]。よって、姉小路公知は義従兄弟にあたる。妻は松平斉韶の娘・里子(のち離縁して細川行真の後室となる)。廷臣二十二卿列参事件加担者の一人。主水正、大学大丞を歴任[1]

1873年(明治6年)9月の養父の死後は、実父の為量が再度家督を継承し[2]1876年(明治9年)9月21日に廃嫡[1]1889年(明治22年)2月6日に分家した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』上巻、693頁。
  2. ^ 『明治維新人名辞典』465頁。

参考文献編集

  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。