メインメニューを開く
この記事の項目名には、分野により1字目と2字目に以下のような表記揺れがあります。 過去の議論
  • 沢為量(共に新字体)
  • 澤爲量(共に正字体)
  • 澤為量(正新両字体の不規則な混用)
 
澤為量
Sawa Tamekazu.jpg
澤為量
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化9年3月14日1812年4月25日
死没 明治22年(1889年8月9日
官位 正二位参議子爵
主君 仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族 澤家
父母 父:澤量行、母:家女房
藤子、延子、宣種、忠子、岩倉久子
養子:宣嘉
テンプレートを表示

澤 為量(さわ ためかず)は、江戸時代後期の公卿治部大輔澤量行の子。官位正二位参議澤家7代・9代当主。維新後子爵

経歴編集

文政4年(1821年)、従五位下。文政8年(1825年)、元服して正五位下武蔵介天保10年(1836年)、従四位上民部大輔嘉永元年(1848年)、正三位安政2年(1855年)、従二位

安政5年(1858年)、養子・宣嘉と共に廷臣八十八卿列参事件に加わり、日米修好通商条約勅許に反対。その後は病弱のため、公職から退いた。

戊辰戦争では、慶応4年(1868年)2月に奥羽鎮撫使総督に挙げられ、ついで九条道孝の総督就任と共に副総督となって出陣した。奥羽各地を転戦して10月凱旋する。明治2年(1869年)6月、軍功により賞典禄200石を永世下賜された。同年8月宮内権大丞に任ぜられたが、明治3年(1870年)11月に退官して宣嘉に家督を譲った。しかし明治6年(1873年)9月、宣嘉の薨去により再度家督を継承し、明治16年(1883年)9月特旨をもって従二位に叙せられた。

明治17年(1884年)7月7日、華族令により子爵。明治22年(1889年)薨去。享年78。死に先立って正二位に叙せられた。後に澤家は伯爵に陞爵する。

栄典編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『官報』第1835号「叙任及辞令」1889年8月10日。

参考文献編集

  • 神宮滋『戊辰戦争出羽戦線記―澤為量・奥羽鎮撫副総督の征討記録から』無明舎出版、ISBN 4-89544-479-1

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
澤家初代
1884年 - 1889年
次代:
澤宣量