澤田愛子

日本の看護学者、著述家

澤田 愛子(さわだ あいこ、1945年[1] - )は、日本看護学者、著述家。元富山医科薬科大学医学部看護学科教授。専攻は生命倫理、死の臨床、精神看護学。

来歴編集

名古屋生まれ。看護専門学校を卒業し、看護師となったが、その後早稲田大学第一文学部人文専攻に進み、卒業。上智大学大学院哲学研究科博士前期課程および千葉大学大学院看護学研究科修士課程修了。三重県立看護短期大学助教授および北海道医療大学短期大学部助教授を経て、1994年から富山医科薬科大学医学部看護学科教授となる。日本死の臨床研究会世話人、日本医学哲学倫理学評議員、日本生命倫理学会評議員、ヨーロッパ医療哲学学会(ESPMH)会員を務めた。[2]

上智大学大学院での専攻はシモーヌ・ヴェイユ。澤田のヴェイユ研究は『末期医療からみたいのち 死と希望の人間学』や公表論文[3]で読むことができる。[4]

主張編集

  • 2017年1月31日にテレビで見たドナルド・トランプ支持者を見ての印象に『どうしてこんなにも品のない顔つきをしているんだろう。知性の影も見られない。』と投稿し、これに数多くの批判がなされたため、投稿を削除した[5]
  • 2017年10月27日に山尾志桜里議員の不倫に関する報道した週刊文春に『卑劣な文春。何の権利で卑劣な記事を書く?。どんな利益があったか。今自公から頼まれているのか。友達の秘書と枝野氏がどう関係する。卑しい文春。』と批判して不買運動を呼び掛けた[6]
  • 2018年2月5日に『カルト宗教信者が支える宗教政党は怖いですよ、皆さん。公明党はカルト創価学会の政党。』と創価学会をカルトなどと主張した。学会の信者の人々を『通常の理性ではわからぬ行動をとる。』『個人の意思を持たず上からの命令に盲従して投票する。』と主張している[7]
  • 2020年には新型コロナウイルスに関して、イデオロギーに基づく陰謀論をツイートして8000近いリツイートがされたため、バズフィードがファクトチェックを行い、デマと否定した[8]。政治社会学者の木下ちがやは相互フォローである澤田のツイートについて「陰謀論の末路は愚民論であることを典型的に示すツイート。」「愚民論的反安倍ツイートが大量リツイートされている悲劇。」とし、政治ツイートには「解説型と拡声器型がある」とし、澤田を「拡声器型の大御所。澤田さんは正確不正確問わず、人がちょっと疑問に思ったことを大拡声器で叫ぶ。しかもそれがテンプレ化してるからわかりやすい。だから反射的なリツイートが増殖していく。」とし、相互でもデマを否定する己のツイートがリツイートされないことを誇りに思うと述べている[9][10][11]

著作編集

単著編集

  • 澤田愛子『末期医療からみたいのち 死と希望の人間学』朱鷺書房、1996年。ISBN 978-4886025111
  • 澤田愛子『今問い直す 脳死と臓器移植』東信堂、1998年。
    • 澤田愛子『今問い直す 脳死と臓器移植(第2版)』東信堂、1999年。ISBN 978-4422300399
  • 澤田愛子『夜の記憶―日本人が聴いたホロコースト生還者の証言』創元社、2005年。ISBN 978-4422300399
  • 澤田愛子『原爆被爆者三世代の証言―長崎・広島の悲劇を乗り越えて』創元社、2011年。ISBN 978-4422300412

共著編集

論文編集

出典編集

外部リンク編集