メインメニューを開く
画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2013年4月

三重県立看護短期大学(みえけんりつかんごたんきだいがく、英語: Mie Nursing College)は、三重県津市夢が丘1-1-1に本部を置いていた日本公立大学である。1977年に設置され、2000年に廃止された。大学の略称は短大。学生募集は1996年度まで[1]1997年度より三重県立看護大学への改組・転換により短期大学は学生募集停止され、2000年3月31日廃止。

三重県立看護短期大学
大学設置/創立 1977年
廃止 2000年
学校種別 公立
設置者 三重県
本部所在地 三重県津市夢が丘1-1-1
キャンパス 夢が丘キャンパス
鳥居町キャンパス
学部 第一看護学科
第二看護学科
研究科 地域看護学専攻
助産学専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

学風および特色編集

  • 三重県立看護短期大学は女子を対象とした短大となっていた。

沿革編集

  • 1977年(昭和52年) 三重県立看護短期大学開学。
    • 第一看護学科:当初の在学者数は39人となっている[3]
    • 第二看護学科:当初の在学者数は20人となっている[3]
  • 1986年(昭和61年) 専攻科を設置[4]
    • 地域看護学専攻
    • 助産学専攻
  • 1996年(平成8年度)をもって本科の募集を終了する(学生数、第一看護学科で151、第二看護学科で38[5])。翌年度より三重県立看護大学へ移行。[6]
  • 2000年3月31日廃止。(平成12年) 廃止される。

基礎データ編集

所在地編集

  • 夢が丘キャンパス(三重県津市夢が丘1-1-1)
  • 鳥居町キャンパス(三重県津市鳥居町100)

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 第一看護学科
  • 第二看護学科

専攻科編集

  • 地域看護学専攻:[7]
  • 助産学専攻:[7]

別科編集

  • なし

取得資格について編集

受験資格

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 三重県立看護短期大学の学園祭は「看大祭」と呼ばれ、1978年に初めて行われた。飲食コーナー・バザー・ライブがとりわけ売り物となっていた。ちなみに、1996年度のテーマは「きて みて やって 看大祭‘96」となっていた[2]

スポーツ編集

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

夢が丘キャンパス編集

  • 使用学科:第一看護学科
  • 使用専攻科:地域看護学専攻・助産学専攻
  • 使用附属施設:なし
  • 設備:三重県立看護大学と併設。

鳥居町キャンパス編集

  • 使用学科:第二看護学科(1996年度までは、第一看護学科も使用。)
  • 使用専攻科:地域看護学専攻・助産学専攻(1996年度まで)
  • 使用附属施設:なし
  • 設備:短大校舎・学生ホール(学生食堂があった)・グランド・テニスコートほか

社会との関わり編集

  • 1989年度より、三重県民による生涯学習の要望により年に1回、公開講座を行っている[2]

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 第一看護学科・第二看護学科ともに概ね全員が看護職として様々な職についている[2]

編入学・進学実績編集

  • 第一看護学科・第二看護学科ともに看護系の大学や養護教諭養成機関や三重県立看護短期大学専攻科などに進学していた。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 専攻科は1999年度で最終
  2. ^ a b c d e f 『三重県立看護短期大学閉学記念誌』より
  3. ^ a b 昭和53年度版『全国学校総覧』35頁より
  4. ^ 募集は1999年度まで。
  5. ^ 97年度版『全国学校総覧』58頁より
  6. ^ 看護学部とともに第一看護学科は津市夢が丘に新築移転したが、第二看護学科のみは旧来の校舎で授業が行なわれていた。
  7. ^ a b 1993年度より大学評価・学位授与機構に認定される。

関連項目編集

関連サイト編集