瀬戸川 猛資(せとがわ たけし、1948年7月5日 - 1999年3月16日)は、日本のミステリー評論家映画評論家、編集者。筆名に、宅和宏[1]、藤崎誠[2]などがある。

映画評論家の瀬戸川宗太は弟。

経歴・人物編集

東京都出身。早稲田大学文学部卒業。在学中は「ワセダミステリクラブ」に所属し、海外ミステリ評論を手掛けていた。1年後輩の北村薫や、2年後輩の折原一らと親交があった。卒業後は東宝に入社し、テレビ部に配属されてテレビ番組の制作にたずさわり、7年後に退社[3]

1973年紀田順一郎荒俣宏が創刊した雑誌『幻想と怪奇』に、鏡明とともに編集同人として参加。

1980年、自身の個人出版社「トパーズプレス」を設立。

また、1982年に読書人向けの雑誌『BOOKMAN』を創刊。当時の読書界では『本の雑誌』流の「エンターテインメント作品を面白く紹介する」風潮が、一世風靡していたが、創刊号ではあえて「なぜかいま岩波文庫が読みたくなった!!」という特集を組む。まだメジャー化する前の呉智英、荒俣宏を起用し、岩波文庫から刊行されている、「知られざる名著・奇書」を紹介した。その後も、「新書特集」や「古書店カタログ」などの個性的な特集を組み、本好きの間でカルト的な人気を博すが、1991年に30号で終刊[4]

一方、1987年には初の著書であるミステリ論、『夜明けの睡魔―海外ミステリの新しい波』を刊行。「新しい形の名探偵」を創造したコリン・デクスターの魅力を語り、また「ハードボイルド作家として分類されているロス・マクドナルドは、本格ミステリ的作家である」ことを指摘するなどした。

1993年には第2評論集、『夢想の研究―活字と映像の想像力』を刊行。同書の文庫化時の解説は、刊行時から同書を絶賛していた丸谷才一が担当している。

また、編集者としては、自身の出版社トパーズプレスから、1988年から1997年にかけて、映画評論家の双葉十三郎が、前から雑誌「スクリーン」に連載し続けていた膨大な映画評『ぼくの採点表』(外国映画約8900本)を、全5巻+索引1巻の大部の本として刊行した。

並行して、自身も映画評論等を行った。1999年に50歳で死去。

著書編集

  • 二枚のドガの絵 SUITABLE FOR FRAMING 藤崎誠名義 1974/8 刑事コロンボのノベライゼーション[5]
  • 夜明けの睡魔―海外ミステリの新しい波 早川書房, 1987.10 のち創元ライブラリ
  • 夢想の研究―活字と映像の想像力 早川書房, 1993.2 のち創元ライブラリ
  • ミステリ・ベスト201 瀬戸川猛資編 新書館, 1994.8
  • ミステリ絶対名作201 瀬戸川猛資編 新書館, 1995.12
  • シネマ古今集 新書館, 1997.7
  • シネマ免許皆伝 新書館, 1998.4
  • 世界古本探しの旅 荻野アンナ,和田忠彦,池内紀,浅野素女,瀬戸川猛資,越川芳明,野谷文昭 朝日新聞社 1998.4
  • 今日も映画日和 和田誠,川本三郎,瀬戸川猛資 文藝春秋, 1999.9 のち文庫

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ユリイカ』2001年12月号・特集山田風太郎P.186日下三蔵「山田風太郎中毒患者記録」
  2. ^ 町田暁雄編『刑事コロンボ読本』洋泉社 P.186
  3. ^ 田中文雄『猫窓』集英社文庫・解説
  4. ^ なお、のちにライターの南陀楼綾繁は、自分が主宰する「本好きの人たちの集まり」を、この雑誌をリスペクトして「BOOKMANの会」と命名した。
  5. ^ 町田暁雄編『刑事コロンボ読本』洋泉社 P.186

外部リンク編集