瀬野川町

瀬野川町(せのがわちょう)はかつて広島県安芸郡に存在した町である。

せのがわちょう
瀬野川町
廃止日 1973年3月20日
廃止理由 編入合併
安芸郡瀬野川町、安佐郡高陽町、佐東町、安古市町 → 広島市
現在の自治体 広島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安芸郡
団体コード 34305-6
面積 58.21km²
総人口 19,844
(1971年10月1日)
隣接自治体 安芸郡安芸町海田町熊野町熊野跡村府中町船越町
安佐郡高陽町
賀茂郡志和町、賀茂郡八本松町
瀬野川町役場
所在地 広島県安芸郡瀬野川町
Ex Senogawa town office.JPG
特記事項 当時の町役場は、現在は広島市安芸区役所中野出張所などで使われている。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

1973年3月20日安佐郡高陽佐東安古市各町とともに広島市に編入されて消滅した。現在は全域が広島市安芸区になっている。

目次

地理編集

河川
  • 瀬野川 - 海田湾に注ぐ二級河川。
  • 鉾取山(標高711.5m)
  • 呉娑々宇山(ごさそうやま、標高682.2m)
  • 原山(標高672.2m)
  • 藤ヶ丸山(標高665.4m)
  • 水丸山(標高660.2m)
  • 洞所山(標高641.4m)
  • 長者山(標高571m)
  • 天狗防山(標高512m)
  • 高城山(標高496.1m)
  • 八世以山(標高495.2m)
  • 蓮華寺山(標高374.0m)
  • 日浦山(標高345.9m)
  • 茶臼山(標高271.4m)
  • ミノコージ峠 - 安佐北区に通じる峠。
大字
  • 上瀬野(かみせの)
  • 下瀬野(しもせの)
  • 中野(なかの)
  • 畑賀(はたか)

歴史編集

沿革
  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。瀬野川町域には当時いずれも安芸郡に属する上瀬野・下瀬野・中野・畑賀の各村が存在した。
  • 1931年4月1日 - 上瀬野・下瀬野両村が対等合併して瀬野村が成立する。
  • 1956年9月30日 - 瀬野・中野・畑賀各村が対等合併して瀬野川町が成立する。
  • 1973年3月20日 - 安佐郡高陽・佐東・安古市各町とともに広島市に編入されて消滅する。

経済編集

産業編集

  • 農業
『大日本篤農家名鑑』によれば、下瀬野村の篤農家は「山内禎司、濱野内彌蔵、満田新八」、上瀬野村の篤農家は「狩野彌一、横川渉、横川民太郎、小松小三郎」、畑賀村の篤農家は「末田圓助」、中野村の篤農家は「小原伊兵衛、三戸安左衛門」などである[1]

企業編集

地域編集

教育(1973年3月19日当時のデータ)編集

小学校
  • 瀬野川町立瀬野小学校
  • 瀬野川町立中野小学校
  • 瀬野川町立畑賀小学校
中学校
  • 瀬野中学校 - 広島市編入後の昭和48年4月1日、統合し広島市立瀬野川中学校に改称。
大学

主要施設編集

交通(1973年3月19日当時のデータ)編集

鉄道編集

道路編集

国道
主要地方道
一般県道

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、147頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年4月21日閲覧。

関連項目編集