メインメニューを開く

火の国に』(ひのくにに)は、1976年昭和51年)10月4日から1977年(昭和52年)4月2日まで放送されたNHK連続テレビ小説第18作目。NHK大阪放送局制作第3作目。

火の国に
ジャンル ドラマ
脚本 石堂淑朗
出演者 鈴鹿景子
山内賢
笠智衆
ほか
ナレーター 渡辺美佐子
時代設定 昭和50年~現代
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年10月4日 - 1977年4月2日
放送時間 月曜 - 土曜8:15~8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
回数 154[1][2]

目次

物語 編集

大学を中途退学したヒロインが造園師を志し、「緑の園」作りに夢を賭ける。

特徴編集

放映時期に近い年代を舞台とした現代劇であるが、連続テレビ小説では本番組終了後、「まんさくの花」まで現代ドラマは途絶えることになる。放送期間が半年体制となってからのNHK大阪放送局制作第2作目であり、2017年度現在まで大阪局制作では近畿地方が舞台のひとつに全くならない最後の作品である(これ以降の作品は必ず何処かしこで舞台のひとつになっている)。

スタッフ編集

キャスト編集

視聴率編集

本番組は1976年10月9日の放送で43.9%をマークするも、その後視聴率は不振となり、平均視聴率35.0%と振るわなかった。結果的に本番組は放送開始2か月目から終了の時期まで視聴率が不振になった。

映像の現存状況編集

本番組は第1話、第31話、第32話、第35話、第37話、第141話、第153話、最終話が現存している[3]

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めている[4]

脚注編集

外部リンク編集