メインメニューを開く

烏介可汗呉音:うけかがん、漢音:おかいかかん、拼音:Wūjièkĕhàn、? - 846年)は、回鶻可汗国崩壊後の可汗昭礼可汗の弟で、彰信可汗の叔父[1]。初めは特勤(テギン、Tägin)[2]だったが、回鶻可汗国が崩壊すると錯子山に割拠して可汗となった。原音はウゲ・カガン(Ügä Qaγan)[3]

生涯編集

開成5年(840年)頃、渠長(きょちょう:将軍)の句録莫賀(句録末賀、キュリュグ・バガ)は、北の黠戛斯(キルギス、Qïrqïz)軍10万騎を招き寄せて回鶻城(オルド・バリクか?)を破り、㕎馺可汗[4]と掘羅勿を殺してその牙帳[5]を焼き払った。これによって回鶻可汗国は崩壊し、国人たちは各特勤を奉じて各地に散らばった。そのうち、可汗庭(かがんてい:可汗の牙帳)近くの13部は、烏介特勤(ウゲ・テギン、Ügä Tägin)を可汗に推戴し、南の錯子山に割拠した。 途中、烏介可汗らは太和公主まで護送する黠戛斯の達干(タルカン、Tarqan)[6]らと遭遇した。烏介可汗はそれを見つけるなり達干らを殺し、太和公主を奉じて代わりに唐の天徳界まで護送してやった。

時に宰相の赤心、僕固(ボルク、Borqu)、特勤の那頡啜(ナイル・チュル、Nair čur)がおり、烏介可汗に臣従せず、犯塞[7]を欲していたため、烏介可汗は先に王子の嗢没斯(オルムズ、Ormz)を天徳軍戍将の田牟の所へ赴かせ、唐と接触をはかるとともに、赤心を殺害した。一方、那頡啜は赤心の7千帳をあわせて東へ逃れたが、のちに烏介可汗によって殺される。

会昌3年(843年)春、特勤の厖倶遮,阿敦寧の二部、回鶻公主密羯可敦の一部、外相の諸洛固阿跌の一部、牙帳大将の曹磨你らの七部、共に3万衆が相次いで幽州に降ったので、文宗は詔で諸道に配してやった。また、特勤の嗢没斯,阿歴支,習勿啜の三部、回鶻相の愛耶勿弘順、回鶻尚書の呂衡らの諸部が振武軍に降ってきたので、三部首領には唐の国姓である李姓を賜い、名をそれぞれ思忠,思貞,思恵,思恩と改めさせ、帰義軍使に充てた。その他唐に帰順しなかった者もおり、特勤葉被沽兄李の二部は南の吐蕃に奔走し、特勤可質力の二部は東北の大室韋に奔走し、特勤荷勿啜は東の契丹との戦いで戦死した。

回鶻尚書の僕固繹は幽州に至り、太和公主を幽州に帰すことを約束した。ある夜、河東の劉沔が兵を率いて烏介可汗の営に迫ったので、烏介可汗は驚いて東北の約400里外にまで逃げ去り、室韋の営に依った。このとき太和公主も同時に逃げ去ったが、烏介可汗に追いつけずにいたところを、豊州刺史石雄の兵と遭遇したので、ようやく唐に帰国できた。

会昌6年(846年)7月[8]、烏介可汗の部衆が幽州に降った。また、烏介可汗は妹を室韋に降嫁させた。回鶻相の美権者逸隠啜は諸回鶻に迫って烏介可汗を金山(アルタイ山脈)で殺し[9]、その弟である遏捻特勤を可汗に推戴した。

脚注編集

  1. ^ 唐会要』巻98迴紇
  2. ^ 特勤(テギン、Tägin)とは、突厥や回紇における皇太子もしくは王子に与えられる称号。たいていは可汗の兄弟に与えられる。『新唐書』では特勒と誤記される。
  3. ^ 山田信夫『北アジア遊牧民族史研究』
  4. ^ 「㕎」は「厂+盍」と書く。
  5. ^ 帳幕(ゲル)のこと。
  6. ^ 達干(タルカン、Tarqan)とは、テュルク系遊牧国家における官名。
  7. ^ 長城を越えて中国領内に侵入すること。
  8. ^ 『資治通鑑』卷第二百四十八
  9. ^ 『新唐書』では「黒車子(室韋)に殺された」とある。

参考資料編集

先代:
㕎馺可汗
回鶻可汗国の可汗
第14代:840年 - 846年
次代:
遏捻可汗