烏稽侯尸逐鞮単于

烏稽侯尸逐鞮単于(うけいこうしちくていぜんう、拼音: Wūjīhóushīzhúdīchányú、 ? - 128年)は、中国後漢時代の南匈奴単于湖邪尸逐侯鞮単于の子。烏稽侯尸逐鞮単于というのは称号で、姓は虚連題氏、名はという。

生涯編集

湖邪尸逐侯鞮単于の子として生まれる。

延光3年(124年)、兄の萬氏尸逐侯鞮単于薨去し、抜が烏稽侯尸逐鞮単于として即位する。その夏、新降の一部族大人(たいじん:部族長)阿族らは叛いて、呼尤徽を脅迫し人質にして逃げ去ろうとしたが失敗し、妻子らを連れて逃げ去った。中郎将の馬翼はこれを追撃して撃破した。

永建元年(126年)、以前、朔方以西の障塞の大部分が修復されていなかったために、鮮卑の侵略で漸将王が殺されるという事件があり、単于は憂い恐れ、朝廷に上言して障塞の修復を願った。漢の順帝はその上言を聴きいれて、辺境諸郡の兵を増員させた。

永建3年(128年)に薨去し、弟の休利(去特若尸逐就単于)が立った。

参考資料編集