無限精機(Mugen Seiki、株式会社無限精機)とは、R/Cエンジンカーの製造及び販売、R/Cカーレースの主催などを中心に活動している会社である[1]

株式会社無限精機
Mugen Seiki Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 Mugen Seiki
本社所在地 日本の旗 日本
274-0817
千葉県船橋市高根町1395番地
設立 1982年8月
業種 その他製品
法人番号 5040001018875
事業内容 R/Cエンジンカー(オフロード&オンロードレーシングカー、ツーリングカー)及びそれに付随するパーツを製造
代表者 代表取締役社長 真田 幸治
資本金 3,000万円
外部リンク http://www.mugenseiki.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

R/Cエンジンカー(オフロード&オンロードレーシングカー、ツーリングカー)及びそれに付随するパーツを製造し、世界各国の代理店を通して世界中に販売している。国内を始め世界中のR/Cカーレースの主催、参加活動も行っている。自社ブランドであるレーシングエンジン"NINJA"を世界中に販売している。

歴史編集

R/C業界への参入は1982年。同年に開催の1/12電動カー世界選手権をターゲットに国産初のボールデフ(横堀模型(現・ヨコモ)が協力)を備え、ROARのルールに基づく1/12の電動カー「K2−X」を開発し参入。aykでRXシリーズを設計していた菊池氏が設計し、愛沢隆志氏一緒に無限精機に移った。メインのサーキットは千葉のフタバサーキットであった。

続いてマイナーチェンジ版のK2-X '83、1983年春には武田訓政氏設計による3Pマシン、K2-Xスピリット、翌年J2規格ながらオーバーオールウィンを目指したK2-Xコスミックを発売。1985年末にSR-テンペスト、翌年発売のスーパーテンペストと、電動レーシングカーを開発、販売していた。全日本ではたびたび上位を争うが、優勝はできなかった。

1985年には、1/10電動バギーAWSのブルドック、87年には4WDのマーキュリーを発売。

1986年に、ストリーム21で1/8エンジンバギーに参入。つづいてスポルトを開発、販売した。

2017年には、1/10EPツーリングカー「MTC1」を発売した。

主な製品編集

R/Cカー編集

1/8スケール[2]
  • GPツーリング
  • GPレーシングバギー、レーシングトラギー
  • EPツーリング
  • EPレーシングバギー、レーシングトラギー
1/10スケール
  • GPツーリング、レーシング
  • EPツーリング

R/Cカー用エンジン編集

Ninja JXシリーズ[3]
エンジン名 排気量 [cc] 出力 実用回転数 [rpm] 重量 [g]
JX21B03 3.46 2.65ps / 34,000rpm 4,000 〜 42,000 360
JX21B02 3.49 2.55ps / 33,000rpm 4,000 〜 33,000 361
JX21B01A 3.46 2.48ps / 33,000rpm 3,000 〜 40,000 361
JX21B01 3.46 2.48ps / 33,000rpm 3,000 〜 40,000 374

※1PS=735.5W (馬力)

Ninja MRシリーズ
エンジン名 排気量 [cc] 最高出力回転 [rpm] 重量 [g]
MR21R01A 3.49 48,000 328
MR21B01A 3.49 43,000 363
MR28M01A 4.60 43,000 370
MR12T01A 2.10 45,000 225

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Mugen Seiki Home (Japanese)”. 株式会社無限精機. 2016年5月5日閲覧。
  2. ^ Mugen Seiki”. 株式会社無限精機. 2016年5月5日閲覧。
  3. ^ NINJA エンジン”. 株式会社無限精機. 2016年5月5日閲覧。

外部リンク編集